FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

新聞記事「僧衣で運転、違反取り消し」

 1月27日付け『読売新聞』に、「僧衣で運転、違反取り消し」という見出しの記事が掲載されたので、まず本件の経緯から述べておきます。
 昨年9月、福井県福井市の浄土真宗本願寺派僧侶が僧衣(=法衣 ほうえ)を着用して車を運転していたところ、僧衣での運転は福井県道交法違反として反則金6千円の青切符を切られた事件がありました。通常、軽微な交通違反はローカルニュースにすらならないのですが、昨年12月29日付け『読売新聞』全国版に本件記事が掲載され、同時にネットでも配信、拡散されたので、全国の僧侶たちが知るところとなりました。
 このニュースにいち早く反応したのが僧侶でした。僧衣を着ての運転が運転操作に支障をきたすという理由で道交法違反になるのなら、今後、車で檀家(=門徒)さん宅にお参りに行けなくなり、死活問題だとしてすぐさまネット上で反論を開始しました。『読売新聞』に掲載された翌12月30日、山梨県の日蓮宗の僧侶がツイッターで「#僧衣でできるもん」を立ち上げ、僧衣を着ていても、一般的な服装以上の動作・行動が可能であることを証明しようと試みた動画をアップしました。このような経緯を1月7日の本ブログで紹介しました。
 反則金の納付を拒否し、裁判も辞さない意向だという福井の僧侶のその後は不明でした。だが、昨日の『読売新聞』によれば、証拠が不十分で、違反を認定できなかったという理由で福井県警が反則切符を取り消したと報じられ、一件落着となったようです。突然の幕引きに、件の僧侶は「何も解決していない」と釈然としないそうですが、まずは僧衣での運転で反則切符が切られることはないようで、安心しました。なお、ツイッターの「#僧衣でできるもん」は現在もいろんな投稿が続いていて、活況を呈しています。

『読売新聞』平成31年1月27日付け
修正20190205141017_00001
2019-01-28 : 新聞・書籍・TV :
Pagetop

#僧衣でできるもん

 事の発端は昨年、平成30年12月29日付けの『読売新聞』の記事です。その記事によれば、昨年9月16日、福井市内の県道を浄土真宗の僧侶が法事に行くため、裾が足首までの白衣の上に布袍を着た僧衣(=法衣)で軽乗用車を運転していたところ、取り締まり中の警察官に、「その着物(での運転)は(違反ですから)だめです」と、青切符を切られ、反則金6千円を納付するよう告げられたということです。この違反の法令は、『福井県道路交通法施行細則』による「運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物または衣服を着用して車両を運転しないこと」が適用されたということです。
 この記事がネット上でも伝えられたので、全国の仏教各宗の僧侶に大きな反響を呼んで、現在、仏教界も見過ごすことのできない問題になっています。というのも、これまで門徒さんや檀家さんのお宅にお参りするため、僧衣を着て車を運転していて、道交法違反で検挙されたことはないのに、今後この福井の事例が適用されたなら、車に乗ってのお参りができなくなるおそれがあるからです。
 そこで、山梨県の日蓮宗のある僧侶がこの事件を広く知ってもらうと同時に、僧衣を着ていても、何ら車の運転に支障はないことをユーモアを込めて反論・反証しようと、ツイッターで”#僧衣でできるもん”を立ち上げ、自身の動画をアップしたところ、それに呼応して各地の芸達者な僧侶たちが僧衣を着て、いろんな芸を披露した動画を次々と投稿しました。ついにはイギリスのBBC NEWSにも報道されるほどホットな話題になっています。
 ところで、件の福井市の僧侶は反則金の支払いを拒否しており、裁判も辞さない意向だと伝えられています。この事件の今後の動向はどうなるのか、すべての僧侶が無関心ではいられません。

 下の記事は事件が全国に報道された『読売新聞』(平成30年12月29日付け)
読売平成301229 
2019-01-07 : 新聞・書籍・TV :
Pagetop

新聞記事 「ダライ・ラマ後継」

 今日の『朝日新聞』の1面に「ダライ・ラマ後継、選定は『民主的』に」という見出しの記事が出ていましたので、紹介します。私がチベット仏教に関心をもち、以前、何度か訪れたチベットついてのトピックスは本ブログで紹介したことがあります(左欄のカテゴリ「外国」を参照)。
 2008年8月に開催された「北京五輪」の年の3月、チベット自治区の首府ラサで、独立を求めるデモが発端となって暴動が発生して以来、チベット自治区を統治している中国政府は、外国人旅行者の入境を厳しく制限するようになりました。本来、中国からチベット自治区に入るには入境許可証を旅行会社を通してチベット旅行局に申請しなければなりません。いつも個人旅行をしている私の場合は、四川省の省都・成都に着いたら、その町の旅行会社に申請を依頼していました。しかし、2008年の暴動以後、個人旅行者には許可証を発行しないと知ってからはチベット行きは無理だと諦めています。ただし、旅行会社が募集するパックツアーのような場合はチベットに入ることは可能のようです。あれから10年たった現在、事情はそれほど変化していないと思いますが、現状はよくわかりません。
 新聞記事に述べられたダライ・ラマ14世の後継問題は、チベット仏教のダライ・ラマ制度と輪廻転生の関係や中国のチベット侵略問題などについて、その歴史的背景をたどって述べる必要があり、それは別の機会にします。高齢になったダライ・ラマ14世が自身の後継者問題をこれまでの輪廻転生方式ではなく、チベット民族の誰もが認めるような民主的な方法で選定したいという意思を語っていることは、今後はたしてどうなるか、注視したいと思っています。

『朝日新聞』平成30年(2018)11月6日付け
朝日320181112064802_00001
(上掲記事の本文を下に転載)

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(83)は5日、今月来日するのを前に亡命政府のあるインド北部ダラムサラで朝日新聞などと会見し、自身の後継者についてはチベットの人々が民主的に選ぶべきだとの考えを示した。早ければ今月末にダラムサラで始まる高僧らによる会議で議論が始まると明らかにした。
 チベット仏教には、すべての生き物は輪廻転生するという考えがある。観音菩薩の化身とされるダライ・ラマは、その死去後に生まれ変わりの少年を捜して後継者にする伝統が数百年続いてきた。ただ、この方法だとチベット亡命政府を敵視する中国政府が都合の良い後継者を選び、利用する懸念がある。
 ダライ・ラマは「ダライ・ラマ制度は古い制度」と指摘。「私は民主主義の信奉者だ」と述べた上で、「制度を存続させるか否かは、チベットの人々が決めるべきだ」と語った。さらに、「ローマ法王が枢機卿らによって選ばれるような制度も可能だ」と話した。
 ダライ・ラマが後継者選びに民主主義を強調するのには、中国政府を牽制する意図もあるとみられる。
 ダライ・ラマは「数年前にインドの病院で前立腺がんが見つかった」とも明らかにした。「放射線治療をして完治した」と述べたが、健康面での状況も後継者選びの議論を始める背景にあるとみられる。(ダラムサラ=奈良部健)

ダライ・ラマ14世について (『朝日新聞』平成30年(2018)11月6日付け)
朝日220181112064513_00001
2018-11-06 : 新聞・書籍・TV :
Pagetop

新聞記事 『産業観光 人気を発掘』

 今日の『朝日新聞』山口地方版に掲載された「産業観光 人気を発掘」という見出しの記事を紹介します。記事によれば、宇部、美祢、山陽小野田の3市の関係団体で作られた「産業観光推進協議会」が監修する「大人の社会派ツアー」が見応え十分で人気だということです。このツアーは毎年6~11月の期間限定で、前述の3市内にある産業施設を観光バスで巡る日帰りツアーです。ツアーコースは全部で27種類あり、中でも一番人気は「セメントの道」のコースだということです。
 「セメントの道」も山口宇部空港出発コースと2種類の新幹線・新山口駅発着コースの全3種類があり、どのコースも総延長約32キロの日本一長い私道という「宇部興産専用道路」を通って、美祢市伊佐町にある国内最大級の石灰石採掘鉱山を見学するのが人気の理由のようです。
 27種類のコースの中には美祢市内をめぐる「炭鉱の歴史」コースもあり、美祢市歴史民俗資料館やかつて無煙炭を採掘していた榎山炭鉱の荒川坑の抗口を見学して、日本で最初の官民協働(PFI方式)の刑務所である「美祢社会復帰促進センター」で収容者と同じメニューの食事をするコースです。このコースがどの程度の参加者があるのかわかりませんが、炭鉱遺跡を見学するならば、地元の私には麦川にかつて存在した山陽無煙鉱業所の遺構にも見るべき所が残っているので、ついでに見学してほしいと思っています。山陽無煙跡が見学地に入っていないのは、いろんな事情があるのでしょう。
 ともあれ、知名度のある観光資源が少ない3市が連携して2008年から始った、産業施設を見学する観光ツアーがますます盛んになってほしいものです。 

『朝日新聞』平成30年(2018)10月4日付け
1 修正20181006154504_00001
(上掲記事の本文を下に転載)

 工場夜景など産業を観光資源に活用する動きが、中国地方でも広がっています。経済産業省が認定した「近代化産業遺産」が中国5県で最も多い山口県では、石灰石を運ぶ「日本一長い私道」とされる専用道や鉱山を巡るツアーが特に人気です。ツアー全体の参加者は年間1500人を超え、全国からやって来ます。その魅力を探りました。

 宇部、美祢、山陽小野田の3市の関係団体でつくる産業観光推進協議会が監修する「大人の社会派ツアー」。石炭の採掘跡などを巡る27種類のコースがあり、中でも一番人気なのが「セメントの道」。9月11日、20~70歳代の参加者とともにバスに乗り込んだ。
 まず着いたのが、美祢市にある宇部興産の宇部伊佐鉱山。石灰石を階段状に掘り進めた鉱区が棚田のように広がる。鉱区の直径は1.2~1.6キロ。石灰石を運搬する巨大ダンプカーが豆粒のように見える。
 1948年に採掘が始まった国内最大級の鉱区で、年間の採掘量は約800万トン、累積採掘量は5億トンに達する。岡山県矢掛町から参加した武逸男さん(65)と妻の智恵美さん(59)は「スケールがでっかく見応え十分。来てよかった」。中国地方の主な観光地は巡ったと言い、「今回は目先を変えてみた」と話した。
 ここから宇部市へ向かって伸びる道路が、「日本一長い私道」として知られる総延長約32キロの宇部興産専用道路。鉱山で採掘された石灰石を、沿岸部の宇部セメント工場へ大量輸送するために整備された。制限速度は時速70キロ。「インターチェンジ」もあるが、一般車両は入れない。
 バスで走っていると、ダブルストレーラーと呼ばれる特大運搬車と行き違う。全長約30メートルで最大積載量は約88トン。ナンバープレートはなく、2台のトレーラーが連なって走る。整備場も見学コースに含まれ、トレーラーの運転席に乗ることが出来る。専用道路を走ってみたい、と参加した東京都東村山市の板垣遼士さん(20)は山口県を訪れるのは初めて。「何もかもインパクトがあり、東京では味わえない経験ができた」。
 ツアーは2008年度に始まった。3市に共通するのは知名度のある観光資源がないこと。「ならば、あるものを観光にしよう」と、工業地帯の特性を生かした産業観光に着目した。企業側もCSR活動の一環として協力を続けている。
 ツアーは毎年6~11月の期間限定だが、昨年度までに延べ1万5千人以上が参加。このうち、昨年度の地元3市からの参加者は34%にとどまり、県外が43%と最も多い。リピーターも3割を超えるという。
 「セメントの道」コースは3種類あり、6,200円(昼食込み)からだが、キャンセル待ちが出るほどの人気。このほか、山陽小野田市のオートレース場を探訪するコースもある。問い合わせは宇部観光コンベンション協会(0836-34-2050)。  (二宮俊彦)
2018-10-04 : 新聞・書籍・TV :
Pagetop

新聞記事『道の駅豊北 再び全国1位』

 昨日の『朝日新聞』山口地方版に、『道の駅豊北 再び全国1位』という見出しの記事が掲載されました。記事によれば、「道の駅豊北」は地元産の新鮮な魚介類の販売、豊富なメニューのレストラン、美しい景観の角島大橋などが人気の理由で、全国1145ヵ所の道の駅の中から今年は2度目の第1位に輝いたということです(旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の発表による)。
 美祢市内には於福町に「道の駅おふく」と美東町に「道の駅みとう」の2ヵ所があり、近隣には下関市豊田町の「道の駅・蛍街道西ノ市」や今年オープンした長門市仙崎の「道の駅センザキッチン」などがあります。おふくや西ノ市は温泉施設が併設されているので人気があり、私もたまに訪れます。また連れ合いの実家に近い「道の駅豊北」はこれまで何度も行きましたが、評判どおりいつも賑わっています。
 「道の駅豊北」が下関から長門、萩方面に通じる国道191号の沿線にあり、また近くには県内随一の観光地になった角島大橋やアメリカCNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれて以来、県内外から観光客が押し寄せる元乃隅稲成神社などがあるのも道の駅の集客に好都合だと思います。いずれにせよ、全国の道の駅の中で、最も高い評価が得られたことは素晴らしいことです。
 ちなみに、「トリップアドバイザー」発表の2位以下のランキングは次のとおりです。②ニセコビュープラザ(北海道ニセコ町)、③サーモンパーク千歳(北海道千歳市)、④ららん藤岡(群馬県藤岡市)、⑤阿蘇(熊本県阿蘇市)、⑥小豆島オリーブ公園(香川県小豆島町)、⑦うずしお(兵庫県南あわじ市)、⑧保田小学校(千葉県鋸南町)、⑨川場田園プラザ(群馬県川場村)、⑩豊崎(沖縄県豊見城市)が上位10駅です。

『朝日新聞』山口版(平成30年(2018)9月27日付け)
修正朝日新聞2018 9 28
(上掲の記事を下記に転載)
 山口県下関市豊北町の道の駅「北浦街道 豊北」が、世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が発表した「道の駅ランキング2018」で、全国1145ヵ所の中から2度目の1位に輝いた。
 地元産の新鮮な魚介類の販売や海鮮丼などが食べられるレストラン、角島大橋などの美しい景観が人気の理由という。
 トリップアドバイザーが昨年8月~今年7月に寄せられた口コミの評価点数や投稿数などをもとに集計し、上位30駅を発表した。「北浦街道 豊北」は16年に初の1位を獲得。昨年は14位だったが、今回は再び頂点に立った。北海道や沖縄など有名観光地の道の駅が名を連ねるなかでの快挙だ。
 ログイン前の続き道の駅によると、「海鮮丼がおいしい」「角島大橋が見える最高の景観」などの口コミが多かった。営業時間中は1時間に1回のトイレ清掃をするなど、施設を清潔に保つ取り組みも評価されたという。
 「北浦街道 豊北」は12年3月にオープン。50品をそろえた豊富なメニューのレストランや、新鮮な地元産の魚介類や肉類、野菜、お土産品など3千点をそろえた物産売り場も充実。昨年11月には来駅者数が300万人を突破し、今年9月末には350万人を超える見込みで、下関市内を代表する観光スポットとなっている。(白石昌幸)
2018-09-28 : 新聞・書籍・TV :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク