FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

麦川保育園のツバメ

 昨年(2017)6月3日の本ブログで、麦川保育園の玄関口に平成25年(2013)から作られ始めたツバメの巣の移り変わりついてまとめました。その後、6月27日の本ブログで、セアカツバメ(コシアカツバメ)のことを述べ、さらに7月16日の本ブログでは最も新しい巣のことを述べました。要するに、保育園の玄関口には、4つのツバメの巣が昨年までに作られました。
 今春、ツバメが戻って来て、昨年までに作られた4つの巣のどれかに産卵するかと思っていました。だが、それはしないで、新たな巣を作り始めました。その場所は玄関口のもっとも奥まったレンガ壁の所です。そこには昨年作られた巣がすでにあり、そのことは上記7月16日のブログで報告しました。なぜだかその巣を利用しないで、真横に今年の新しい巣を作りました。ツバメがその場所を選んだ理由は、天敵のカラスから最も襲われにくい所だと本能的にわかっているからでしょう。
 ツバメの天敵はカラスとヘビだといわれています。場所柄、ヘビはまず見ないのですが、カラスは飛び交っています。玄関口にある巣はどれもカラスの襲撃にあっていて、唯一、無傷の巣が昨年の巣です。だから最も安全な所とわかって新しい巣をその横に作ったのでしょう。巣は高い位置にあり、しかも常に観察しているわけでもないので、産卵や抱卵している様子はほとんどわかりません。雛が生まれ、巣から頭をのぞかせて、ようやく今年のツバメの誕生がわかる次第です。雛は毎日、にぎやかな園児さんの声を聞きながら育って、やがてどこかに飛び去って行きます。

玄関口の奥に昨年作られた巣
修正IMG_2388

左側が今春4月下旬に作られた新しい巣
修正P1260276

5月23日撮影 5羽の雛が誕生。大きく口を開けている4羽の左端に口を閉じている1羽がいる。
修正P1260543

5月26日撮影 大きくなった雛。4羽見えるが、もう1羽いるはず。
修正P1260568
2018-05-26 : 麦川保育園 :
Pagetop

保育園のイモ掘り

 今日は麦川保育園のイモ掘りがありました。本当は、28日の土曜日にお父さん、お母さんや兄弟、姉妹の皆さんと一緒に家族ぐるみでイモ掘りをするのが毎年の恒例ですが、あいにくの雨のため、当日は中止になりました。そのため園児さんがだけが先生と一緒にイモ掘りの体験をしました。
 園児さんがイモ畑にやって来るのは5月末に苗を植えに来て以来、二度目のことです。イモ畑は保育園から離れた場所にあるため、行きは赤バスに乗りました。バス停を降りてからは、歩いて15分くらいですが、途中にいろんな遊具がたくさんある児童公園があるので、そこに立ち寄って、しばらく遊んでからイモ畑まで行きます。
 先日の雨のため、赤土の畑は少し湿っていましたが、汚れてもよいように服を着替えて手袋をはめ、持参した道具を使ってイモ堀を始めました。今年は例年に比べて、イモの大きさが小さかったのですが、そんなことはお構いなしに、懸命に土を掘ってイモを探しました。園児さんにとっては、どこを掘れば、イモの頭が覗くだろうかと、あたかも宝探しのようにワクワクしながら土にスコップを入れて、ひょいと頭が覗くと、「先生!あった!! あった!!」と歓声が上がります。イモが途中で折れないように、慎重に掘り進めるのですが、粘り気の強い土質がため、園児さんにはたいへんです。でも、先生の手助けで無事、掘り出した時の喜びは、この上ないもののようです。園児さんが掘って自宅に持ち帰ったイモは、家庭の食卓に上ることでしょう。

P1230977.jpg

P1240019.jpg

P1240007.jpg

P1240046.jpg

P1240057.jpg

P1240049.jpg

P1240009.jpg

P1240062.jpg

P1240048.jpg

P1240016.jpg

P1230996.jpg

P1240066.jpg
2017-10-31 : 麦川保育園 :
Pagetop

敬老会に出演(麦川保育園)

 今日から3日間、美祢グランドホテルで大嶺地区の敬老会が開催されます。麦川保育園の園児さんは毎年、敬老会のアトラクションに出演していますが、今年も初日の今日、13人の園児さんが3つの出し物をステージで披露しました。
 最初の出し物は詩吟です。保育園では、「謙友岳風会」の「星岳支部」代表師範である沢見義人先生から毎月、詩吟を習っています。今日は長門市仙崎出身の童謡詩人・金子みすゞが作った『大漁』という有名な詩を吟じました。二つ目の出し物は、福嶋久美先生の指導で昨年12月から習っているヒップホップの踊りを軽快な音楽に合わせて踊りました。最後は、NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌として作られた『365日の紙飛行機』を金子先生のキーボード伴奏で歌いました。
 園児の皆さんは緊張した様子もなく、3つの出し物を演じ終わると会場から盛大な拍手をいただきました。舞台を降りたあと、敬老会に出席された皆さん全員に、園児さんが手作りしたプレゼントを、可愛らしい小さな手から長年ご苦労されたお年寄りの手に一つひとつ手渡ししました。

美祢グランドホテルの入り口で
P1230432.jpg

控室で準備
P1230445.jpg

詩吟披露
P1230449.jpg

ヒップホップの踊り
P1230459.jpg


P1230464.jpg

園児さんから出席者の全員に手作りプレゼントの贈呈
P1230466.jpg
2017-09-13 : 麦川保育園 :
Pagetop

ツバメの巣のその後

 麦川保育園に作られたツバメの巣の様子について、先月3日の本ブログで、「今年も4月になると、ツバメが戻って来ました。そして第3の巣に卵を産んで、5月の始めにヒナが生まれました。ヒナが巣から頭を覗かせるようになったら、本ブログに載せようと思っていた矢先に天敵のカラスの襲来を受け、巣が壊され、ヒナは連れ去られてしまいました。」と書きました。その記事はスズメに乗っ取られた第1の巣のことが主で、壊された巣のその後について書いていなかったので、今回それを書きます。
 6月初旬に今年最初のヒナが誕生したにもかかわらず、カラスに巣を壊されて、ヒナも奪い取られました。初めての天敵の襲来にツバメも懲りて、保育園での産卵はあきらめたかなと思っていました。ところが、その後すぐにツバメは新たな場所を選んで、せっせと新しい巣を作り始めました。その場所はこれまでと同じ玄関口ですが、最も奥まった園舎の出入り口と保育室とが接する壁面の上部です。カラスが低空飛行でもしない限り、目に付かない場所です。ツバメの本能的な知恵とはいえ、とても賢い場所選定です。毎日保育室から聞こえる音楽や園児さんのかん高い声など、にぎやかな音声は、ツバメにとってうるさくないのでしょう。
 こうして新しい巣が出来て産卵し、6月下旬か7月の初めにはヒナが誕生したようでした。ヒナも大きくならないと巣から顔を覗かせないのですが、4羽が育っていることがわかりました。先日、4羽とも無事巣立って行ったので、今年の保育園での子育ては終わりました。保育園の別の園舎にはセアカツバメの新しい巣が出来たのですが、この巣は容易に見えない隠れた場所にあります。しかも巣の形状からツバメの様子はうかがい知ることが出来ませんが、ここでもおそらくヒナが誕生したことでしょう。

今も壊されたままの第3の巣
IMG_2548.jpg

大きく口を開けたツバメ
IMG_2570.jpg

今年作られた新しい巣(第4)
IMG_2469.jpg

巣の下に置かれたツバメのフン(糞)受け
IMG_2478.jpg

4羽のヒナが誕生
IMG_2497.jpg


夜間のツバメ、3羽が尻を外に向けている
IMG_2593.jpg

巣立ち直前のツバメ
IMG_2554.jpg
2017-07-16 : 麦川保育園 :
Pagetop

習字のお稽古

 麦川保育園はずいぶん昔から年長の園児さんに毛筆習字とペン習字のお稽古をしています。以前は、平原坂にお住まいの島村先生に長年にわたって指導していただいていたのですが、先生がご高齢になられたため退かれ、現在は園長と担任の先生との二人で一緒に指導しています。園児さんは毛筆習字とペン習字とのグループに分かれて、毛筆習字グループの練習が終わったら、ペン習字グループと交代して、毎回両方のお稽古をしています。毛筆習字は麦川小学校の文化祭で発表する機会があります。
 パソコンの発達した現在、キーボードを叩けば手紙でもなんでも気軽に打って印刷できる便利な世の中になりました。でも、どんなに機器が進歩しても、自分の手で文字を書く必要がなくなることはないでしょう。僧侶である私は葬儀の野位牌や過去帳を毛筆で書く機会がしばしばあります。書くたびに、もっときれいな字が書けたらと思います。保育園で習字のお稽古をした園児さんが小学校に入って、近くの書道教室に通っていると聞くと、親の勧めか、お子さんの希望かわかりませんが、幼児教育の一つとして毛筆やペン習字を学ぶことは良いことだと思います。

P1230017.jpg

P1230032.jpg

P1230019.jpg

P1230025.jpg

P1230027.jpg
2017-07-03 : 麦川保育園 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク