FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

夏季布教大会(山口教区)

 今日は山口教区の「夏季布教大会」に出席して聴聞しました。山口教区布教団は毎年、8月下旬に教区内の個別の組(そ)の引き受けで、二日間の布教大会を開催しています。この大会は本願寺派布教使を拝命している教区内の布教使さんの法話技能の研鑽と相互の親睦を主たる目的で行われているものです。僧侶・門信徒一般に公開された大会ですから、毎年私も都合がつく限り、参拝して聴聞するようにしています。
 今年は厚狭西組の引き受けで、初日が永福寺(山陽小野田市)、二日目が西福寺(山陽小野田市)で開催されましたが、初日の一日だけ聴聞することができました。本日法話をされた教区内の布教使さんと講題は次のとおりです。
 佐々木大乗師(周南組真行寺)「往生即成仏」、二木文生師(豊浦組光善寺)「乃至十念」、伊東順浩師(宇部小野田組蓮光寺)「お浄土をいただいて生きる」、小川恵眞師(山口北組光円寺)「平生業成」の4人の他に、特別講師として北豊教区・両徳寺の舟川宏顕師が「大悲の誓願」という講題で午前の部と午後の部の最後に2席ほどお取り次ぎをされました。
 会場の永福寺は初めて参拝しました。小高い境内地に真新しい立派な本堂がそびえ建っていました。受付をされていた総代さんにお尋ねしたところ、5年くらい前に新築されたそうです。白木の美しい、明るい本堂内は聴聞者でいっぱいでしたが、天井に大きなエアコンが設置されていたので、屋外の暑さを感じないで気持ちよく聴聞できました。

修正P1270256

佐々木大乗師(周南組)
修正P1270236

二木文生師(豊浦組)
修正P1270239

伊東順浩師(宇部小野田組)
修正P1270251

小川恵眞師(山口北組)
修正P1270255

特別講師 舟川宏顕師(北豊教区京仲組)
P1270258.jpg
2018-08-24 : 山口県 :
Pagetop

東日本大震災の話を聞く会

 昨夜7時から善照寺(豊北町阿川)で開催された「東日本大震災の話を聞こう」という公開講座に友人と一緒に出席しました。お話をされたのは岩手県大船渡市在住で印刷・撮影業を経営している村田友裕さんです。
 村田さんはもうじき丸7年になる2011(平成23)年3月11日の東日本大震災が発生した当時、大船渡の自宅を兼ねた事務所にいました。地震の揺れの大きさに、津波が来ることを直感した村田さんはカメラ一台だけを持って奥さんと一緒に、ただちに近くの高台にある加茂神社の境内に避難したそうです。そのあと間もなくして襲って来た大津波によって、多額の借り入れローンが残っていた村田さんの自宅兼事務所は全壊したということです。
 村田さんのお話は大船渡湾から大船渡市内に向かって襲って来た大津波で、密集している住宅や工場が壊滅的被害を受けた一部始終を高台の神社から目撃した生々しい体験談でした。お話と合わせて村田さんが津波襲来当時とその後撮影された数々の震災の写真と大船渡市で「かもめの玉子」という銘菓を製造販売しているさいとう製菓の社長さんが撮影した動画が映写されました。
 その動画は大震災の翌年の2012年に設立された「大船渡津波津波伝承館」に収蔵され、YouTubeでも見られるので下に載せておきました。また会場の一角には、村田さんが撮影した震災の写真がパネル展示され、平成26年(2014)に出版された、大船渡、陸前高田市における東日本大震災記録写真集『気仙の惨状』(特別版、初版は平成23年7月)が展示即売されていたので、購入しました。

善照寺本堂
P1250381修正

P1250385修正

さいとう製菓の社長さんが撮影した動画
P1250393修正

村田友裕さんのお話
P1250386修正

村田友裕さんのお話を聞く来場者
P1250396修正

会場の写真展
P1250402修正

大船渡津波伝承館の提供動画 (YouTube)


村田友裕氏撮影 『気仙の惨状ー東日本大震災、大船渡、陸前高田市記録写真集ー』
修正20180305183309_00001
2018-02-26 : 山口県 :
Pagetop

同期会の翌日

 盛会裏に大嶺第二中学校の同期会が終わった翌日、宿泊した43人は朝食を済ませたあと、9時半にホテルで解散して11人が帰路につき、32人は唐戸市場のそばにある関門連絡船ターミナルから船に乗って門司港レトロの観光に行きました。11月初旬にしては暖かい良い天気だったので、心地よい潮風にあたって、唐戸からわずか5分ばかりの乗船で門司港に着きました。
 門司港レトロは主として明治、大正時代に造られてたクラシックな建物が多く保存されているいるため、レトロ街として有名な観光地です。門司港桟橋からはぶらぶら歩いて、全国で最大級の歩行者専用のはね橋「ブルーウィングもじ」を渡り、「レトロハイマート」にある門司港レトロ展望室に行きました。この建物は有名な建築家・黒川紀章氏が設計した高層マンションで、その31階にある観光用の展望室に上がって高さ103mから見渡すと関門海峡に架かる関門橋や眼下にレトロ街が俯瞰でき、とても良い眺めです。
 そこで小休止して、レトロ街を散歩しながら昼食会場の旧門司三井倶楽部に行きました。この洋館の建物は大正10年に三井物産の社交倶楽部として作られたそうで、アインシュタイン博士も来日した際にここの2階に宿泊し、現在もその部屋は「メモリアルルーム」として当時のまま残されているそうです。1階にレストランがあり、大正ロマンを感じさせる、昔のままの素敵な雰囲気の中で、当地の名物の焼きカレー定食を昼食にいただきました。食事が終わった後、建物の入り口で集合写真を撮って、JR門司港駅から列車で帰路につく人と別れ、私たちは再び船で唐戸へ戻りました。そして唐戸桟橋で全員解散になり、また近い将来、再会を期して2日間の楽しかった同期会は無事終わりました。

関門連絡船の上で
P1240428.jpg

関門連絡船から見る関門橋
P1240437.jpg

高層マンション・レトロハイマート、その31階に門司港レトロ展望室がある
P1240488.jpg

レトロ展望室で
P1240446.jpg

レトロ展望室で
P1240451.jpg

展望室から見る関門橋
P1240457.jpg

三井倶楽部での昼食
P1240463.jpg

三井倶楽部での昼食
P1240468.jpg

三井倶楽部での昼食
P1240475.jpg

旧門司三井倶楽部の建物の前で集合写真
P1240486.jpg
2017-11-07 : 山口県 :
Pagetop

大嶺第二中学校同期会

 11月5日(日曜)、午後6時から下関市の「海峡ビューしものせき」で大嶺第二中学校、昭和38年3月卒業生の同期会を開催しました。今回は美祢市在住の同級生が引き受けることになり、まず会場の決定に始まって、案内状の送付、ホテル側との打ち合わせ等々のすべての実務を担当することになりました。
 会場は4月始めに下見をして早々と決めたのですが、案内状の発送が8月末まで遅れたにもかかわらず、64人の同級生と2人の恩師の合計66人から出席申し込みがありました。直前になって、4人の同級生からキャンセルが入ったため、結局62名になりましたが、予定通り午後6時前に出席者全員が集合しました。
 今回、最も遠方から駆けつけたのは、宮城県岩沼市在住の平沼君で、関東地区は千葉、東京、横浜、川崎から6人、東海地区から2人、関西地区から6人、その他、兵庫、岡山、広島や九州は福岡、佐賀などの各県から参集しました。山口県在住者も34人の参加者がありました。毎回、全員の集合写真を撮るのが恒例になっているので、最初に記念撮影を行うことになり、人数が多いため宴会場ではなく、ロビーに出て撮りました。
 そのあと同期会を開会し、まず幹事を代表して私が挨拶をしました。続いて乾杯の音頭は、恩師の岩本友昭先生にお願いして宴会が始まりました。前回は2年前に大阪で開催したので、久しぶりに多くの同級生と再会しました。中には何十年ぶりかに会った人もいて、お互いすっかり様変わりをしているので、なかなか思い出せない人もいました。でも、最近のことはすぐに忘れてしまうのに、50数年前の中学時代のことは、今もっていろんなことが記憶に残っていますから、すぐに共通の話題で話がはずみます。話しているうちに、いつしか中学時代に戻ったかのような錯覚を覚えます。
 ワイワイガヤガヤ飲んで話しているうちに、踊りあり、クイズとゲームあり、カラオケ歌合戦ありして、予定の2時間を大幅にオーバーしたので、最後に「大嶺第二中学校校歌」をピアニカ伴奏で歌い、大嶺炭田で育った私たちにふさわしい「炭坑節」の全員踊りをして、締めは信田百合夫先生の万歳三唱で閉宴しました。そのあと、二次会は40名が下関市内のパブに移動し、夜が更けるのを忘れて一夜を楽しみました。

集合写真
記念写真

宴会
宴会全体

岡崎(旧姓 村田)裕子さんの踊り
村田

甲把(旧姓 山下)美保子さんの踊り。同級生からの「おひねり」が胸元に何枚か付けられています。
甲把

似顔絵ゲーム
福笑い

カラオケ
カラオケ

全員で炭坑節の踊り
踊り2

フィナーレはバンザイ三唱
バンザイ

二次会のパブ
パブ1

二次会のパブ
ぱぶ2
2017-11-06 : 山口県 :
Pagetop

夏季布教大会 (山口教区)

 今日は山口教区の「夏季布教大会」が宇部市東岐波の西福寺で開催されたので友人と一緒に聴聞に行きました。西福寺は初めて参拝しましたが、参道の石段を上がると、正面に威風堂々とした本堂の大屋根が目に飛び込んで来て圧倒されました。中に入ると、広い外陣(げじん)に大型エアコンが数台据え付けられていて、外部の暑さを忘れさせてくれる涼しさでした。また椅子も数多く用意されていたので、足が痛くならないで聴聞できたのはありがたかったです。
 大会は午前10から始まり、10時20分から一人30分の持ち時間で、午前は秋里大勝氏(美祢東組明楽寺)と隆野正信氏(柳井組明教寺)の2人、午後は名護屋宗味氏(山口北組正善寺)と白石智昭氏(豊田組正法寺)の2人、合計4人の山口教区の布教使さんのご法話を聴聞しました。
 この布教大会は毎回、特別講師として有名な布教使さんが招待されますが、今回は安方哲爾氏(大阪教区南郡組正満寺) が午前と午後に各一席のご法話をされました。広い本堂がいっぱいの参拝者であふれ、それぞれに特色ある布教使さんのご法話を楽しむことが出来ました。明日は本覚寺(宇部市西岐波)を会場に開催されますが、私は残念ながら法務があるため聴聞に行けません。

会場の西福寺本堂
P1230295.jpg

秋里大勝氏 (美祢東組明楽寺) 講題「み仏に抱かれて」
P1230306.jpg

隆野正信氏 (柳井組明教寺) 講題 「他力の信」
P1230308.jpg

名護屋宗味氏 (山口北組正善寺) 講題「浄土往生」
P1230316.jpg

白石智昭氏 (豊田組正法寺) 講題「摂取の光明」
P1230320.jpg

安方哲爾氏 (大阪教区南郡組正満寺) 講題 「むなしくすぐるひとぞなき」
P1230312.jpg
2017-08-25 : 山口県 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク