FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

お月見茶会

以前、ご紹介したように麦川保育園の年長組は、毎週金曜日にお茶のお稽古をしています。今日はお月見茶会が開かれ、年中、年少の園児と先生方が招待され、みなさん抹茶をいただきました。残念ながら、お茶会そのものは撮りそこねましたが、しつらえのお軸とお花と園児さんです。

CIMG3102_convert_20120928222741.jpg
2012-09-28 : 麦川保育園 :
Pagetop

マツバギクとオキザリス

宝林廟参道の入口にはいろんな花が咲きます。長い間ピンクの花を咲かせているマツバギク(松葉菊)の中に、葉が三角形で紫色をしたオキザリス ・トライアングラリスが小さな白い花を咲かせています。

P1010090_convert_20120927163845.jpg
2012-09-27 : 宝林廟境内 :
Pagetop

白い彼岸花

彼岸の入りのころから、あちらこちらに赤い彼岸花が目につき始めました。宝林廟境内地にも赤い彼岸花と白い彼岸花とが咲いています。

P1010057_convert_20120926175059.jpg
2012-09-26 : 宝林廟境内 :
Pagetop

茶話会(第13回)

今日の茶話会は「夏目漱石の素顔」というテーマで、久保良夫さんがお話されました。漱石の年譜をもとに多くの人々に慕われた人柄、イギリス留学時のエピソード、若い時から亡くなるまでいろんな病気に罹ったことと創作活動との関係などについて興味深いお話でした。参加者は14名でした。

P1010029_convert_20120925212757.jpg
2012-09-25 : 西音寺 :
Pagetop

小学校の運動会

爽やかな秋晴れのもと、麦川小学校の運動会が開催されました。近年は小学生が少ないため、校区住民との合同の運動会になり、麦川保育園の園児も一種目だけ遊戯で参加しました。

CIMG3081_convert_20120923174919.jpg

CIMG3090_convert_20120923175402.jpg

2012-09-23 : 麦川保育園 :
Pagetop

彼岸の中日

秋晴れに恵まれた彼岸の中日の今日は、納骨堂と宝林廟で読経を勤めました。そのあと午後1時半から本堂で「秋季彼岸会法座」(法話 安間宣秀師)が開かれました。宝林廟での勤行には、今年納骨された宇部市のご夫婦とお孫さんが一緒に参加されましたので、記念写真を撮りました。

P1010023_convert_20120922172621.jpg
2012-09-22 : 宝林廟 :
Pagetop

西音寺の歴史(4)梵鐘と鐘楼

西音寺の鐘楼は昭和56年10月に建立されました。それ以前は本堂の外縁に梵鐘が吊されていました。梵鐘は昭和25年4月に京都で鋳造されたものです。昭和17年ころに撮影されたと思われる昔の写真に、本堂の正面で曾祖父夫妻とご門徒の皆さんが梵鐘を囲んでいるのは、太平洋戦争中の昭和16年に金属類回収令が施行されたため、寺の梵鐘などの金属製の仏具がほとんど供出された時の悲しい記念写真です。

P1010020_convert_20120922123411.jpg

2012年09月21日17時13分55秒_convert_20120921190920
2012-09-21 : 西音寺 :
Pagetop

山頭火の句碑

麦川小学校の交通無事故記録表の脇に山頭火の句碑があります。

  炭車が空を 山のみどりから みどりへ (昭和8年8月31日に詠む)

桃ノ木で採掘した無煙炭を山づたいに索道(ロープウェー)で麦川まで運ぶ炭車を見て、詠まれたものです。

P1010007_convert_20120914055342.jpg
2012-09-14 : 麦川地区 :
Pagetop

麦川小学校の交通無事故記録

寺から徒歩10分くらいで麦川小学校に着きます。その入り口に平成3年4月から今日までの7474日間、小学校の生徒に交通事故がなかったという記録が掲示され、日々更新されています。この記録がいつまでも続くことを願っています。

P1010006_convert_20120911175853.jpg


2012-09-11 : 麦川地区 :
Pagetop

西音寺の歴史(3)手水鉢

寺の境内に六角形の台座に、六角形のラッパ型の水鉢が乗っている石の手水鉢があります。昔は上から流れ落ちる水で手を洗うことも出来ましたが、今は水栓が止めてあるので、単なる置物になっています。サイズは高さ145cm、 最上部の直径が105cmあり、台座の刻文によれば、大正9年(1920)5月に寄進されたものです。

P1000996_convert_20120908132632.jpg

P1000992_convert_20120908132913.jpg
2012-09-08 : 西音寺 :
Pagetop

西音寺の歴史(2)本堂

西音寺の現在の本堂は大正元年(1912)10月15日に上棟式が行われたと記録されています。上棟式の後、本堂が完成するまでには、少なくとも2,3年はかかったでしょうから、今日までおよそ100年近い年月を経た建物といえます。その間、屋根の葺き替え、外縁の張替など、多くの補修をして今日まで護持されています。本堂建立に寄進された多数の方々の名前は「本堂改築費醵出人名録」として本堂内に記録が残されています。

P1000956_convert_20120907102203.jpg

P1000976_convert_20120907145914.jpg


2012-09-07 : 西音寺 :
Pagetop

西音寺の歴史(1)山門

西音寺の山門前に石段があり、その左右の隅に下半分が埋もれた小さな石柱があります。その右側の石柱には「田辺文」「母」「文政五 午」という文字が、左側には「寄進」という文字が確認できます。それを寺の過去帳と照らし合わせてみたところ、「田辺文蔵氏」が「文政5年 午(うま)の年(=1822年)」に、母親の菩提を弔うため山門を寄進したことがわかりました。すなわち、山門は建立後、190年経っていることになります。

P1000938_convert_20120904170627.jpg

P1000922_convert_20120904170659.jpg

P1000942_convert_20120904182825.jpg
2012-09-04 : 西音寺 :
Pagetop

9月1日の早朝

今日から9月。早朝、朝日の昇る時を見るため6時すぎに宝林廟に上がりました。6時半ころにようやく山の後方から太陽が姿を現しました。下の写真は同時刻に、木々の間からかすかに見える宝林廟と背後の山々です。

P1000908_convert_20120901080527.jpg

P1000913_convert_20120901080915.jpg
2012-09-01 : 宝林廟境内 :
Pagetop
ホーム

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク