FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

黄葉のじゅうたん

11月14日の本ブログに載せた寺の境内のイチョウがすっかり葉を落として、黄葉のじゅうたんが出来ました。今日は風は冷たいものの日差しがあったので、0才児~2才児の園児がはしゃぎながら、じゅうたんの上で遊びました。

P1010777_convert_20121127204101.jpg

P1010767_convert_20121127204027.jpg

P1010769_convert_20121127204126.jpg
2012-11-27 : 麦川保育園 :
Pagetop

大嶺炭田の歴史(ボタ山の跡)

「ボタ山」は炭鉱地域に住んでいた人にはなじみのある言葉です。「ボタ」とは採炭したときに発生する捨て石のことです。長年にわたって捨てられたボタの堆積は何十年も経つと真っ黒い巨大な山になって、ここ麦川にもかつてはひときわ目立つ黒い山がそびえ立っていました。閉山後、石炭分が多く含まれるボタが燃料の補助材として活用されたため、山の頂上から削り取られて行き、昔のボタ山の姿は消え去りました。山の上は現在、荒涼とした広い平坦地が広がっているだけです。日曜日の午後、久しぶりに山上に登って撮りました。

P1010741_convert_20121126060235.jpg

P1010747_convert_20121126060258.jpg

P1010760_convert_20121126070318.jpg

P1010751_convert_20121126070522.jpg

2012-11-25 : 麦川地区 :
Pagetop

皇帝ダリア

宝林廟の参道入口から坂道を少し上がった左側の花壇にはいろんな植物が花を咲かせますが、今ちょうど皇帝ダリア(別名、木立ダリア)がピンク色の花を咲かせています。

P1010729_convert_20121124182923.jpg

P1010719_convert_20121124182234.jpg
2012-11-24 : 宝林廟境内 :
Pagetop

吟道大会

勤労感謝の祝日の今日、美祢市民館大ホールで第36回美祢市吟道大会が開催され、麦川保育園の年中、年長の14名が出演しました。以前、10月16日の本ブログで紹介したように、本園は長年にわたって吟道・星岳教場を主宰されている沢見義人先生から詩吟のお稽古を受けており、本大会にも毎年、出演しています。卒園した後も沢見先生から教えを受けている小学生、中学生たちも今日の舞台に立ちました。

P1010693_convert_20121123184143.jpg

P1010703_convert_20121123184255.jpg

P1010705_convert_20121123184453.jpg

P1010706_convert_20121123184324.jpg
2012-11-23 : 麦川保育園 :
Pagetop

モミジの紅葉

寺の境内地の背後は山が迫っています。その斜面にはモミジ、ケヤキ、ユズ、クリなど多種の木々があり、ケヤキはすっかり落葉し、常緑樹のユズは実が黄色く色づき、モミジは真っ赤に紅葉しました。

P1010670_convert_20121120103905.jpg

P1010680_convert_20121120104038.jpg

2012-11-20 : 西音寺 :
Pagetop

境内地トイレの改築

寺の参拝者や保育園の園児たちが共同で使用するトイレが、これまでも境内地にありましたが、施設が老朽化したため、6月下旬から旧トイレの解体と整地をして改築工事に入りました。当初の予定よりかなり遅れて、このたびようやく完成しました。

P1010665_convert_20121119194946.jpg

P1010657_convert_20121119195003.jpg
2012-11-19 : 西音寺 :
Pagetop

保育園の遠足

小春日和の今日は、麦川保育園の園外保育の遠足でした。保育園の0才児から年長組までの園児さん45名全員が9時半に園を出発して、30分近くゆっくり歩いて目的地の麦川小学校に到着しました。全員の記念写真を撮ったあと、グランドの遊具で遊び回りました。ひとしきり遊んだあと、0才から2才までの未満児さんは園に戻ってお弁当を、年少から年長組は、青空のもとでお母さんの手作り弁当を広げて、わいわいおしゃべりしながら楽しいお昼でした。

P1010602_convert_20121116201750.jpg

P1010612_convert_20121116201742.jpg

P1010642_convert_20121116201857.jpg

P1010645_convert_20121116201916.jpg
2012-11-16 : 麦川保育園 :
Pagetop

歴史の証言者(西 丈八洲氏)

大嶺捕虜収容所の跡地に記念碑が建てられたことは、今月6日の本ブログに載せました。戦時中、この収容所の捕虜の強制労働にかかわったとして終戦後、BC級戦犯として巣鴨プリズンに収容された西丈八洲さんは7年後に出所して郷里に戻られたあと、ホテルの仕事をして麦川町で生涯を送られました。西さんは父の同級生でしたから、寺にもよく出入りされていました。平成21年2月、行年86才で往生されましたが、その1年半前に朝日新聞に掲載された記事を保管していたので、新聞の文字が小さくて読みづらいですが、歴史の証言者の記録として載せました。
西1_convert_20121115114556
西2_convert_20121115115340
西3_convert_20121115115415
2012-11-15 : 麦川地区 :
Pagetop

イチョウ(銀杏)の黄葉

寺の境内のイチョウの葉が黄色く染まりました。もともと境内には、雄株と雌株の2本のイチョウの大木があり、秋にはギンナンが落ちて後始末がたいへんでした。しかし十数年前に本堂の瓦を葺き替えた時、のちのち屋根を傷めるおそれのある1本を伐採したため、残った雌株の木に実はならなくなりました。この木は腰あたりの幹周りが3m20あり、樹齢は百年は経っていると思われます。

P1010599_convert_20121114104145.jpg

P1010554_convert_20121114095904.jpg




2012-11-14 : 西音寺 :
Pagetop

秋のよそおい

11月も中旬になり、秋が深まって寺の境内地にあるモミジやイチョウの木々の葉が色づいて来ました。日当たりのせいで納骨堂の前のモミジが最も早く赤く染まりました。

P1010525_convert_20121112210336.jpg
2012-11-12 : 西音寺 :
Pagetop

第6回 お寺のコンサート

今日は恒例の「お寺のコンサート」が午後4時から本堂で開演されました。今回はJA山口中央会に勤務されている折込正一郎さんをお招きして約1時間50分のソロ・コンサートでした。「案山子」「いのちの理由」「恋人よ」など、さだまさしや五輪真弓のカバー曲をはじめ、オリジナル曲として山頭火の句集に曲を付けた「夢の彼方」、JAのイメージソング「道程(みちのり)」など全13曲を熱唱されました。透き通った艶やかな声に50人余りの聴衆はうっとりと聴き惚れ、晩秋のひとときを楽しまれたことと思います。

P1010490_convert_20121110215918.jpg

P1010520_convert_20121110220110.jpg

P1010503_convert_20121110220325.jpg

P1010524_convert_20121110220127.jpg
2012-11-10 : 西音寺 :
Pagetop

11月7日の朝

11月1日の朝日の昇るところを撮ろうと思っていたのですが、あいにくお天気が悪く、今日、宝林廟境内地に上がって撮りました。先月、10月1日の朝日の昇る位置と比べて、ずいぶん南方に移りました。象さんの休憩所のそばの花壇で黄色の小菊の花が朝日に映えています。

P1010474_convert_20121107224256.jpg

P1010483_convert_20121107224344.jpg
2012-11-07 : 宝林廟境内 :
Pagetop

大嶺捕虜収容所記念碑

戦時中の昭和17年(1942)11月、ビルマ(現ミャンマー)戦線で捕虜になったイギリス軍捕虜184人と翌18年9月、フィリピン戦線でのアメリカ軍捕虜288人を山陽無煙鉱業所の白岩社宅の奥にあった単身者合宿所「親和寮」に収容して、昭和20年8月15日の終戦まで炭鉱作業に従事させたといわれる。現在、草むす「親和寮」跡地には、「再び、戦争の悲劇を繰り返さぬよう、恒久の平和を願って」と刻字された記念碑(平成8年9月建立)がひっそりとたたずんでいる。

P1010463_convert_20121106202534.jpg

P1010450_convert_20121106202619.jpg

P1010462_convert_20121106202631.jpg
2012-11-06 : 麦川地区 :
Pagetop

石村勝宣 油彩画展

先月31日から4日まで黒崎井筒屋(北九州市)で開催されている秋の大絵画展に、高校の2学年下の石村勝宣画伯が30点余りの油絵を出品されているので見に行きました。作品はボタン、バラ、アジサイ、小菊などの花々の絵、渓谷や山里の風景画などのほかに、とりわけ新聞でくるまれた中から両手だけを出した「自画像」と題された50号の大作は新聞の活字の一文字、一文字を正確に描いた驚くほど精緻な作品に圧倒されました。なお本来、著作権の関係から写真撮影は禁じられていますが、知人ということで特別に許可をいただきました。

P1010425_convert_20121102160301.jpg

P1010432_convert_20121102155700.jpg

P1010429_convert_20121102155923.jpg

P1010439_convert_20121102161537.jpg

P1010434_convert_20121102162020.jpg
2012-11-02 : 県外 :
Pagetop
ホーム

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク