FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

昔の花まつりの記念写真

 昨日の「西音寺研修バス旅行」に参加された市内伊佐町在住の方からアルバムを整理していたら、このような写真が出てきましたと、2枚の写真を見せられました。その2枚とも西音寺の毎年の行事である「花まつり」の記念写真でした。その1枚は写真の上に「花祭」「25.5.1」という文字が読み取れます。つまり、昭和25年5月1日に開催された花まつり行事に参加された皆さんの記念写真ということがわかります。
 もう1枚の写真は裏面に「二十八年五月十六日 お花祭り とし子4才」と文字が記入されていたことから、昭和28年5月16日に当時4才だった「とし子」さんが花まつりに参加されたときの写真ということがわかります。撮影場所は2枚とも西音寺本堂正面の向拝階段のところです。。
 終戦後、ベビーブームが起こって、この麦川地域にも多くの幼い子どもたちであふれていたことが写真から如実にうかがえます。当時、花まつりは子どもたちにとって大きな楽しみであったようです。とくに女子は顔に化粧をし、着物を着て本堂で踊りを披露する晴れ舞台であったからです。幼心に記憶がしっかり残っているようで、年老いた今でも「小さい時にこの本堂で踊ったことが忘れられません」とおっしゃって、きのうの事のように生き生きと昔話をされます。
 昨日の旅行でこの写真を見せられた理由は、私が最近、麦川地域の歴史を少しでも記録しておこうという意図から、誰彼なしに寺や保育圓や地域に関する昔の写真があったら見せてくださいとお願いしていたからです。今後も新たに写真を入手したならば、適宜このブログで紹介したいと思います。

昭和25年5月1日に開催された花まつり
20131028115838_00001.jpg

昭和28年5月16日に開催された花まつり
20131028115919_00001.jpg

2013-10-28 : 西音寺 :
Pagetop

第9回研修バス旅行(門司港レトロ街、下関コリアンフードフェスタ)

 今日はこの上ない秋晴れのお天気に恵まれて、恒例の西音寺バス旅行が35人の参加で行われました。バスは8時半に寺の前の駐車場を出発して、下関の唐戸市場に向かいました。朝の唐戸市場内は新鮮な魚介類や握りたての寿司を買う人でごった返していました。
 市場の近くの門司港連絡船乗り場から船で門司港に渡り、事前に予約していたレトロ街のボランティアガイドさん2人と落ち合いました。そのあと二つの班に分かれてレトロ街の各所を案内していただきました。日なたの中を1時間半余りあちこち見学して歩くと、かなり疲れた人も出て、最後に案内してもらった高層マンションの31階にある門司港レトロ展望室は希望者だけが上りました。
 昼食は国際友好記念図書館内の1階にある中華料理店でいただきました。この建物はかつてのロシア帝国が大連に建てた建物を忠実に複製したエキゾチックな洋館です。食後はレトロ街を自由行動したあと、2時すぎにバスでレトロ街から下関に戻りました。
 下関駅近くのグリーンモールで、「第4回コリアンフードフェスタ」が開催されていて、今日だけ歩行者天国になった通りにはコリアン料理の屋台が立ち並んで、多くの人でにぎわっていました。私たちも各自が食べたり飲んだりして、ここで1時間ほど遊びました。そして下関を発って5時前に無事、寺の前に帰り着きました。毎年のバス旅行で最も気がかりなお天気に恵まれ、和気藹々の楽しい一日が終わって快い疲れを感じました。
 
唐戸市場内
P1050356.jpg

門司港行き連絡船乗り場
P1050361.jpg

船から見た下関方面
P1050365.jpg

門司港レトロ街に到着
P1050367.jpg

1班のガイドさんの案内
P1050368.jpg

1班の集合写真
P1050371.jpg

高層マンション31階が門司港レトロ展望室
P1050376.jpg

昼食
P1050388.jpg

国際友好記念図書館前で全員の集合写真
P1050392.jpg

グリーンモール入口
P1050396.jpg

コリアンフードフェスタ
P1050397.jpg


2013-10-27 : 西音寺 :
Pagetop

保育園児交流行事

 昨日の19日は「第3回JR美祢線利用促進・保育園児交流行事」に麦川保育園の年長(月組)・年中(星組)さんの18人と先生、保護者の皆さんが参加しました。これは赤字線の美祢線を少しでも利用しようという企画のもとに始まったもので、美祢市の2園(麦川と南大嶺保育圓)、長門市と山陽小野田市からそれぞれ2園の合計6保育園がこの行事に参加しました。
 JR南大嶺駅に集合して、貸し切り電車で厚狭駅に向かい、厚狭からバスに乗って江汐公園に到着しました。江汐公園の広々としたグリーン広場に6保育圓の園児さんが集合して、各園の紹介や親子ゲームなどを楽しみました。そのあと、冒険の森に移動して昼食のお弁当を食べて、お腹がいっぱいになったあとはいろんな遊具で遊びました。
 ふだん他の保育圓の園児さんと交流する機会はありませんが、はじめて出会った園児さんともすぐにうちとけて仲良くなりました。南大嶺駅に帰り着くと、今日は楽しかった、とおしゃべりが尽きません。楽しい思い出がまた出来ました。

252_5233.jpg

P1050310.jpg

P1050312.jpg

252_5241.jpg

253_5351.jpg

252_5260.jpg

252_5273.jpg

253_5315.jpg

253_5340.jpg
2013-10-20 : 麦川保育園 :
Pagetop

満中陰法要のテナーサックス

 今日の午後、西音寺の本堂で前田家の満中陰法要が勤められました。法要には車イスのサックス奏者として全国各地で演奏活動をしておられる北海道滝川市の渡部昭彦さんが参列されました。渡部さんは若いときからプロのサックス奏者として活躍されていたが、三十代のときに不慮の交通事故に遭われて下半身が不随になり、それ以来車イスの生活を余儀なくされているそうです。
 その後は車イスのサックス奏者として演奏活動をしておられたとき、喪主の前田時徳さんと昵懇の仲になられ、2005年には二人でニューヨークに行って、9.11同時多発テロの現場の一つである世界貿易センター跡地(いわゆるグランド・ゼロ)で鎮魂のサックスを吹かれたそうです。
 今日の法要には北海道から単身、飛行機と新幹線を乗り継いで寺まで来られ、法要の最後にテナーサックスで故人の大好きであったという「千の風になって」など三曲を本堂いっぱいに響き渡る美しい音色で演奏されました。参列された遺族、親族の皆さんも大きな感銘を受けられたことと思います。なお、個人名の記載は本人の了解を得ています。

P1050325.jpg

P1050331.jpg

P1050327.jpg

P1050333.jpg
2013-10-19 : 西音寺 :
Pagetop

本堂の屋根瓦の修理

 昨夜は台風26号の影響で強い風が吹き荒れましたが、境内は落ち葉が散乱したくらいで、たいしたこともなく過ぎ去って安心しました。今日もまだ時折、風が吹いて小雨も降りましたが、午前中から日差しのさす天気に回復しました。
 今日は瓦屋さんが本堂の鬼瓦を取り付けに来られました。8月始めに本堂屋根の鬼瓦の一部が破損して落下したため、新しく造り直して一ヶ月後の先月始めに取り付けました。その時に点検したところ、他の鬼瓦も破損するおそれがあることがわかり、再び島根の石州瓦製造所に発注し直して、このたびようやく出来上がりました。
 本堂の屋根は一般家屋と違って棟がとても高く、しかも鬼瓦は最上部に設置されているため、足場を組んで上がらなければ作業が出来ません。瓦屋さんは下から見ているだけでも身のすくむような高所作業を淡々と進めて、取り付け工事が済みました。

P1050259.jpg

P1050263.jpg

P1050277.jpg

P1050256.jpg
2013-10-16 : 西音寺 :
Pagetop

ポーチュラカ

 宝林廟の参道脇にいろんな草花が咲きます。参道を脇目もふらずに歩いて上がれば目立たない草花が可愛い花を咲かせているのに気づいたときはカメラで撮るようにしています。今日、黄色とオレンジ色の花があちころに咲いているのに気づきました。花の名前がわからなかったので、連れ合いに聞いたところポーチュラカという花のようです。
 さっそくネットで調べてみました。それによると、毎年花を咲かせる多年草で、葉は肉厚のヘラ状、花は初夏から秋の気温が高い時期に咲き、花の色は白・ピンク・オレンジ・黄色・紫などがあるということです。暑さには強いが耐寒性はないそうですから、来年も花が咲くかどうか気になるところです。

P1050211.jpg

P1050220.jpg

P1050214.jpg


2013-10-12 : 宝林廟境内 :
Pagetop

カフェギャルリ・とりのこ

 久しぶりに市内西分叔母ヶ内のカフェギャルリ「とりのこ」を訪れました。明後日の日曜日まで同店で美祢市絵画同好会の作品展が開かれているので見に行きました。店のオーナーは高校の同級生の山根文江さんで、美祢市役所を退職後、生まれ育った叔母ヶ内に喫茶ギャラリーをオープンして今年で7年目になるそうです。絵画、陶芸、写真、木工クラフトなどいろんなジャンルの美術品を展示するギャラリーとコーヒー、紅茶などの喫茶スペースとがあり、お昼時には軽食ランチもいただけます。
 また、時には音楽家の方を呼んで、ギャラリーでコンサートが開かれます。お茶を飲みながら、ギャラリーでその時々の美術・工芸作品を鑑賞できるところは市内にここしかなく、市内外からのリピーターさんも多いということです。お店は10年を目標にがんばりたいということですが、貴重な憩いの場としていつまでも続けていってほしいものです。

P1050255.jpg

P1050246.jpg

P1050243.jpg

P1050249.jpg

P1050250.jpg

オーナーの山根さんとスタッフの方
P1050240.jpg
2013-10-11 : 美祢市 :
Pagetop

中・四国地区仏婦大会

 島根県松江市で第58回中・四国地区仏教婦人会大会が開催されました。美祢西組から37名が参加し、西音寺からは坊守と仏婦会長さんの2人が参加しました。大会前日の7日朝にバスで美祢を出発し、松江市内で昼食をとったあと、午後は借景の見事な広大な庭園と横山大観をはじめとする近代日本画などのコレクションで有名な足立美術館を見学しました。
 翌8日は会場の「くにびきメッセ」に中国・四国地区から約3千4百人が参加して、午前10時から大会が始まりました。午前中の記念講演は上田紀行・東工大教授が「今、わたしにできること」と題して1時間余りお話をされました。午後は郷土民謡の安来節のアトラクションや仏教讃歌をみんなで歌う催しが行われました。大会終了後、当初は妙好人の浅原才一さんゆかりのお寺を訪ねる予定でしたが、台風24号が島根県に近づいているということで、予定を切り上げて帰路につき、午後8時ころに無事、美祢に戻りました。

CIMG3497.jpg

CIMG3493.jpg

CIMG3472.jpg

CIMG3353.jpg

CIMG3408.jpg

CIMG3403.jpg

CIMG3377.jpg
2013-10-09 : 県外 :
Pagetop

西宝寺さんの秋法座

 昨日は美祢市伊佐町伊佐二神にある西宝寺さんの「秋法座」に法話の講師として出講しました。一般的に浄土真宗の教義を広く門信徒の方々にお取り次ぎする役割は本願寺派布教使という資格を有する僧侶が担っています。私にはその資格がないので、ご住職の田中教照師(武蔵野大学学院長)からお話をいただいたときは躊躇しましたが、自分自身の勉強にもなると思ってお引き受けしました。
 ふだん他寺のご法座に呼ばれることはありませんので、どんなお話をしようかと事前にいろいろ考えました。終わってみると、思ったように話せなかったという法話の難しさを反省すると同時に、曲がりなりにも役目を務めたことに安堵しました。
 このたびは思いがけない出会いもありました。ご法座にお参りされていたご婦人が休憩時間に私の控え室に来られて話されるには、開園してまもない麦川保育園に数年間、保母さんとして勤務されていたという50数年前のことを話されたので、とても興味深くお伺いしました。
 ご法座が終わると、ご門徒さん手作りのお斎(おとき)が用意されていて、ご住職をはじめ、参拝者全員が庫裡で席に着き、私もお相伴にあずかりました。食事中は皆さんでいろんな話がはずんで、こうしたところにもご法座にお参りされる楽しみがあるのだろうと感じました。食事のあと、ご住職と西宝寺大総代の阿座上隆師といっしょに記念写真を撮りました。阿座上師はサラリーマン生活から一念発起して得度し、僧侶になられた方で、気の置けない親しい友人です。
 ありがたいご縁をいただいたことに感謝して、心地よい秋風に吹かれておいとましました。、

P1050180.jpg

P1050193.jpg

P1050185.jpg

P1050188.jpg

P1050190.jpg
2013-10-07 : 美祢市 :
Pagetop

保育圓の運動会

 昨夜まで雨が降り続いていたため、今日の麦川保育圓の運動会がグランドで出来るかどうか危ぶまれました。幸いにも好天に恵まれて日中は汗ばむほどの運動会日和になりました。午前7時すぎから先生と保護者の方々が準備のために集合してテントを張ったり、ラインを引いたり、万国旗を吊したりと、準備万端整えて9時から開会しました。
 毎年、今日の運動会と来年3月の「おゆうぎ会」は保護者の皆さんだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんにとってもわが子や孫の成長ぶりをじかに見ることができる二大イベントとして楽しみにされている行事ですから、保育圓の先生方も力の入れ方がちがいます。正午前に今日のプログラムがとどこおりなく終わって、それぞれの家族が一生懸命がんばったわが子の手を引いて三々五々帰る後姿を見ると、遠い昔に私にもそんなことがあったなと思い出にふけるひとときです。

P1050157.jpg

251_5156.jpg

P1050177.jpg

P1050172.jpg

251_5173.jpg

251_5162.jpg

251_5164.jpg

251_5170.jpg

P1050161.jpg
2013-10-06 : 麦川保育園 :
Pagetop

シコン・ノボタン(紫紺野牡丹)

 先日、ご門徒さんからシコン・ノボタン(紫紺野牡丹)を一株いただきました。紫紺というのは、紺色がかった紫、または紫がかった紺色という意味ですが、いまその紫紺色の花が咲いては散り、咲いては散りしています。花の時期は夏から秋まで長い間、次々と咲くということですから、もうしばらくは楽しめそうです。

P1050203.jpg

P1050205.jpg
2013-10-05 : 西音寺 :
Pagetop

オキザリス ・トライアングラリス

 宝林廟の参道には季節ごとにいろんな草花が花を咲かせます。散歩がてらゆっくりと左右を眺めながら歩いて上がると左側に、いまオキザリス ・トライアングラリスが小さな白い花を咲かせていました。葉の色が紫色で、葉の形が三角形をしているので「トライアングラリス」という名がついている植物です。町内のSさんのおかげで、参道の草花がいつも手入れされ、お参りや散策に来られる方にも喜ばれています。

P1050147.jpg

P1050151.jpg
2013-10-04 : 宝林廟境内 :
Pagetop

ポンプの交換

 宝林廟への参道入口の手前に小さな小屋があります。この小屋に40数年前から鋳鉄製の大型ポンプが設置されていましたが、老朽化して修理不能になりました。この大型ポンプは地区の負担ではとても交換できないほど高価なものですから、このさいポンプの利用を断念しようかという話になっていましたが、このたび地区内の宇部サンド工業さんから無償で交換していただくことができました。
 このポンプはそばを流れる麦川川から水を汲み上げて、麦川町内の排水路に流すために設置してあります。今は町内に公共下水道が通っているため、以前ほど家庭からの雑排水が排水路に流れ込むことがなくなりました。それでも土やゴミが溜まるため、川の水を流して排水路を掃除したほうが望ましいので、ポンプの交換はありがたいことです。

P1050141.jpg

P1050145.jpg

P1050138.jpg
2013-10-03 : 麦川地区 :
Pagetop

運動会の練習

 今度の日曜日(6日)は麦川保育園の運動会です。いまは毎日、保育園の近くにあるミニグランドで運動会の練習に励んでいます。このところすっかり秋の気候になりましたが、日なたにしばらくいると汗ばむほどの気温ですから、先生も園児さんの体調に気をつけながら、指導をしています。保護者の皆さんにとっては、わが子の運動会ほど楽しみなものはないでしょう。おじいちゃん、あばあちゃんもかけつけて、お孫さんの成長ぶりを見るのを心待ちにされていることでしょう。天気予報では台風が近づいているようですが、雨天にならないよう願うばかりです。

P1050101.jpg

P1050106.jpg

P1050132.jpg

P1050125.jpg
2013-10-02 : 麦川保育園 :
Pagetop

コルチカム

 今日から10月。今年もあと3ヶ月ばかりとなりました。鉢植えしてあるコルチカムが今年も薄紫色のかわいらしい花を咲かせました。私の連れ合いが言うには、知り合いのお宅では球根が土の中ではなく、じかに篭に入れて吊してあり、花の大きさも3倍くらいの大きなコルチカムがあるというので、ネットで調べてみました。たしかに、「コルチカム・ザ・ジャイアント」という大輪の花を咲かせる品種があるようです。また八重咲きのものや、花の色が白色や桃色のものもあるようです。

P1050120.jpg

P1050123.jpg
2013-10-01 : 西音寺 :
Pagetop
ホーム

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク