FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

宝林廟の草花

 桜が終わって、若葉が萌え出る新緑の美しい季節になりました。宝林廟の境内地のあちこちで草花が花を咲かせています。参道入り口のピンクのボタンが咲いて見ごろになりました。その近くに多年草のアマドコロが生え出て筒状の花が咲きました。参道途中の石垣には蔓が這ってがツルキキョウが咲いています。アヤメ科の多年草であるシャガも群生して、一面に花が咲き乱れています。タンポポの黄色い花もたくさん目につきます。花は毎年、忘れずに咲いて、人をなごませ楽しませてくれます。

     小さきは 小さきままに 花咲きぬ

     野辺の小草の 安けきを見よ  (高田保馬)

ボタン
P1110797.jpg

P1110786.jpg

アマドコロ
P1110809.jpg

P1110811.jpg

ツルキキョウ
P1110845.jpg

P1110834.jpg

シャガ
P1110875.jpg

P1110822.jpg

P1110818.jpg

タンポポ
P1110859.jpg
2015-04-26 : 宝林廟境内 :
Pagetop

美祢西組 仏婦総会(西音寺)

 今日の午前中は美祢西組・仏教婦人会連盟の総会が西音寺の引き受けで開催されました。昨日まで雨続きの天気だったので空模様が心配されましたが、幸いにも良いお天気になりました。総会は各種の審議事項があり、とくに3年ごとの役員改選と重なったため、予定の時間が伸びましたが、12時半すぎに散会しました。西組24ヵ寺のうち、19ヵ寺の82名の会員が参拝されました。
 今回初めての試みとして組内各寺の坊守、若坊守さんからなるコーラスが披露されました。住職会と同様、坊守さんの組織である坊守会も定期的に会合が開かれており、その折にいろんな歌を歌っているそうです。練習の成果を発表する場として今日の総会が選ばれ、指導者の明蓮寺坊守さんのピアノ伴奏に合せて15名の坊守コーラス隊がデビューしました。お世辞にも上手とは言えませんが、歌をうたって常日頃のストレスを発散するだけでなく、会の活性化にも役立つ良い活動だと思います。

坊守・若坊守コーラス隊
P1110765.jpg

P1110784.jpg

安間宣秀師 (防府組・萬行寺)の法話
P1110779.jpg
2015-04-21 : 西音寺 :
Pagetop

八重桜は今が満開

 寺の境内に1本だけ八重桜の木があります。樹齢は30年くらいと思われます。ソメイヨシノがすっかり葉桜になった今、それに代わるように鈴なりの満開になった八重桜が見頃を迎えました。八重桜は華やかさを醸し出す派手な花で、他の桜に比べて開花期間も少し長いようです。八重桜が1本あるだけで、境内は華やいで見えます。 

P1110749.jpg 

P1110750.jpg

P1110748.jpg

P1110730.jpg

P1110723.jpg


2015-04-17 : 西音寺 :
Pagetop

すずらんスイセン(鈴蘭水仙)

 この植物はオーストリア、ハンガリーおよびヨーロッパ南部が原産の「スノーフレーク」というもので、「スイセン(水仙)」のような茎に、「すずらん(鈴蘭)」のような白い花を咲かせることから、「すずらんスイセン(鈴蘭水仙)」という別名があるそうです。多年草ですから、ほっておいても毎年、この時期に可愛らしい白い花を咲かせます。この花が寺の境内地の端に咲いているのに初めて気づいたのは昨年でした。昨年は1ヵ所しか気づかなかったのですが、今年は2ヵ所に咲いていました。球根草ですが、ここに球根を植えたとは思えない場所ですから、何らかの原因で球根が根付いたとしか思えません。

P1110672.jpg

P1110685.jpg

P1110700.jpg

P1110688.jpg

P1110708.jpg
2015-04-14 : 西音寺 :
Pagetop

西覚寺 山門落慶法要

 浄土真宗本願寺派・西覚寺(宇部市昭和町)の山門が建立され、その落慶法要が営まれたので、出勤しました。前日の天気予報では、今日は一日中雨が降るという予報だったので、屋外での行事はおそらく無理だろうと思っていました。ところが、うれしいことに見事に予報が外れて、日中はまったく雨が降らず、当初の予定通りに儀式が始まりました。
 最初に山門前で全員の記念撮影があり、そのあと門前から60人の稚児行列の庭儀(ていぎ;法要に際して、屋外で行われる行道)が雅楽の響きの中で行われ、お稚児さんと一緒に本堂外陣から内陣へと進んで行道しました。お稚児さんのお練りが終わったあと、西覚寺住職(小山智宣師)の導師のもと法中諸僧による法要が参拝者で満堂の中、厳粛に営まれました。私は法中の一人として出勤しました。法要のあと、住職挨拶、施主挨拶があり、最後に記念法話(福田康正師)が勤まりました。
 ちなみに、このたびの山門建立の施主は柳井正氏(ファーストリテイリング会長兼社長)ご夫妻で、山門の費用の全額だけでなく、門前の一対の石灯籠も合せて寄進された、いわゆる「一建立(いっこんりゅう)」と呼ばれるものです。

山門前からのお練り
P1110590.jpg

P1110585.jpg

満堂の本堂
P1110629.jpg

P1110623.jpg

P1110593.jpg

お稚児さんの内陣行道
P1110595.jpg

P1110598.jpg

伝供(てんぐ)
P1110603.jpg

施主の柳井正氏ご夫妻のお焼香
P1110605.jpg

柳井正氏のご挨拶
P1110609.jpg
2015-04-05 : 山口県 :
Pagetop

麦川小学校の桜

 昨日と打って変わって、今日は朝から良い天気になりました。麦川地区で一番の桜の名所といえば、麦川小学校の川沿いに連なる桜並木です。今、まさに満開に咲き誇った、見事な桜並木を撮りました。学校は今、春休みですから生徒は誰もいません。平日ですから桜見物をしている人もいません。今週いっぱいが桜の見頃でしょうが、予報ではまた明日からお天気が崩れて雨模様のようです。

   明日ありと 思ふ心の 仇桜、 夜半に嵐の 吹かぬものかは (親鸞聖人が出家に際して詠まれた歌という)

 ベンジャミン・フランクリンのことばに、「今日できることを明日に延ばすな。いつかという言葉で考えては失敗する。今という言葉を使って考えれば成功する」という名言があります。近年では予備校講師の「いつやるか?今でしょ!」という流行語がはやりました。仏教に「諸行無常(しょぎょう むじょう)」ということばがあります。この世の中に存在するものはすべて、一瞬たりとも同じ状態で存在するものはなく、絶えず変化し続けるいるという意味です。ですから、今日は止めて、明日花を見ようと思っていても、夜中に嵐が吹いて桜が散ってしまうかもしれません。今出来ることは、今やることが大切という教えが込められています。

P1110514.jpg

麦川川に沿って連なる桜並木
P1110494.jpg

P1110498.jpg

校舎側から見た桜並木
P1110488.jpg

P1110481.jpg

P1110519.jpg

体育館前の桜
P1110518.jpg
2015-04-02 : 麦川地区 :
Pagetop

善女教会総会

 夜半からの小雨が昼過ぎまで降り続いた今日、西音寺の「善女教会(ぜんにょきょうかい)」総会が午後に開催されました。善女教会は私の曾祖父にあたる第16世住職・川越最勝師(1863ー1945)によって1901年(明治34年)に創立されたので、今年は114周年を迎えました。
 総会の最初は昨年、ご往生された物故者会員の追悼が行われ、そのあと、事業報告、会計報告など、一連の議事が滞りなく終わり、最後に任期満了で新たに選出された新役員が承認されました。総会後は上原泰教師(正福寺住職・長門市俵山)のご法話を聴聞しました。上原師は今年87才になられるそうですが、とてもそんな年齢を感じさせない、元気旺盛ないつもの怪気炎説法に圧倒されました。

P1110461.jpg

2015401.jpg
2015-04-01 : 西音寺 :
Pagetop
ホーム

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク