FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

同級生と再会(福岡)

 昨日(26日)の午後は大嶺高校時代の同級生との再会を兼ねて、博多(福岡県)で開催されている「全日本アートサロン福岡展」に行きました。この絵画展は、絵を描くことを趣味としている日曜画家の人たちの作品を公募して、発表の場を提供する趣旨で長年、続けられている催し物のようです。同級生の松原君は40代の後半にサラリーマンを辞めて、家族と共に福岡に戻り、以後自由人を楽しみながら、唯一絵を描くのを趣味に日暮らししているということです。
 松原君とは大嶺高1年生の時、同じクラスになったことで知り合ったのですが、2年生の秋にはお父さんの転勤で、宇部市に引っ越したので、彼との高校時代は1年半ばかりの短い付き合いでした。お互いが大学生になってから再び交流が始まり、彼が新婚旅行で私の住んでいた仙台に寄ったり、私が新婚間もない彼の東京の住まいに泊めてもらったり、楽しかった思い出は今でもよく覚えています。
 このたび彼から上記の絵画展で自作が展示されるという案内をいただいたので、せっかくの機会だから博多に住んでいる高校の同級生を誘って、一緒にミニ同級会をやろうということになり、田中潮夫君、篠原智佳子さんとの4人で夜の更けるのを忘れて、語り合いました。
 下の写真は福岡展に展示されている松原君やその他の方々の作品を撮りました。

松原君と右側の2点は彼のクレパス画
修正P1260948

鉛筆画
修正P1260940

油彩画
修正P1260916

ミクストメディア画
修正P1260913

アクリル画
修正P1260896

水彩画
修正P1260935
2018-07-27 : 県外 :
Pagetop

台風7号の跡

 昨日は台風7号が九州地方を北上した影響で、山口県も午前中から強い風と雨が降り続きました。当地は特に午後から強風が吹き荒れ、雨も激しく降りました。市内は避難準備警報が出た所もあったようですが、大事には至らなかったようです。
 一夜明け、今朝6時の梵鐘を撞きに境内に出たところ、暴風に吹き飛ばされた木の葉と折れた木々がアチラコチラに散乱していました。また裏山から流れ出た水が、通常は本堂脇の深い貯水池に貯まって排水されるのですが、今日は水量が多かったため溢れ出て境内に滔々と流れ込んでいました。
 宝林廟はどうなっただろうかと思って、上がって見ました。被害と言えるほどのものはなかったのですが、前回の本ブログで紹介したアジサイは花を咲かせた幹が強風にあおられてかなり倒れていました。せっかくの見頃だったですが残念です。宝林廟境内地で最も目を引いたのは、下の写真に載せた砂防堰堤(えんてい)から流れ出る水です。
 この堰堤は昭和53年に治山事業と水害防止対策の一貫として造成されたものです。普段、きれいな谷水が絶えることなく水路を流れているので、水が必要な時は下に降りて、水が汲めるようにアルミの梯子が常設されています。めったに見られない光景ですが、昨日のような大雨が降ると、堰堤に3か所設けられている排水口の最上部から滝のように水が落ちて、ちょっとした迫力があります。

堰堤、手前にあるアルミ梯子を降りて水が汲める。
P1260828.jpg

堰堤の最上部から滝のように落ちる谷水
P1260831.jpg

宝林廟から見た堰堤
P1260844.jpg

水路を勢いよく水が流れている
P1260837.jpg

堰堤の背後は流れ込んだ谷水が小さな湖のように溜まっている
P1260841.jpg
2018-07-04 : 宝林廟境内 :
Pagetop
ホーム

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク