FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

新聞記事 「ダライ・ラマ後継」

 今日の『朝日新聞』の1面に「ダライ・ラマ後継、選定は『民主的』に」という見出しの記事が出ていましたので、紹介します。私がチベット仏教に関心をもち、以前、何度か訪れたチベットついてのトピックスは本ブログで紹介したことがあります(左欄のカテゴリ「外国」を参照)。
 2008年8月に開催された「北京五輪」の年の3月、チベット自治区の首府ラサで、独立を求めるデモが発端となって暴動が発生して以来、チベット自治区を統治している中国政府は、外国人旅行者の入境を厳しく制限するようになりました。本来、中国からチベット自治区に入るには入境許可証を旅行会社を通してチベット旅行局に申請しなければなりません。いつも個人旅行をしている私の場合は、四川省の省都・成都に着いたら、その町の旅行会社に申請を依頼していました。しかし、2008年の暴動以後、個人旅行者には許可証を発行しないと知ってからはチベット行きは無理だと諦めています。ただし、旅行会社が募集するパックツアーのような場合はチベットに入ることは可能のようです。あれから10年たった現在、事情はそれほど変化していないと思いますが、現状はよくわかりません。
 新聞記事に述べられたダライ・ラマ14世の後継問題は、チベット仏教のダライ・ラマ制度と輪廻転生の関係や中国のチベット侵略問題などについて、その歴史的背景をたどって述べる必要があり、それは別の機会にします。高齢になったダライ・ラマ14世が自身の後継者問題をこれまでの輪廻転生方式ではなく、チベット民族の誰もが認めるような民主的な方法で選定したいという意思を語っていることは、今後はたしてどうなるか、注視したいと思っています。

『朝日新聞』平成30年(2018)11月6日付け
朝日320181112064802_00001
(上掲記事の本文を下に転載)

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(83)は5日、今月来日するのを前に亡命政府のあるインド北部ダラムサラで朝日新聞などと会見し、自身の後継者についてはチベットの人々が民主的に選ぶべきだとの考えを示した。早ければ今月末にダラムサラで始まる高僧らによる会議で議論が始まると明らかにした。
 チベット仏教には、すべての生き物は輪廻転生するという考えがある。観音菩薩の化身とされるダライ・ラマは、その死去後に生まれ変わりの少年を捜して後継者にする伝統が数百年続いてきた。ただ、この方法だとチベット亡命政府を敵視する中国政府が都合の良い後継者を選び、利用する懸念がある。
 ダライ・ラマは「ダライ・ラマ制度は古い制度」と指摘。「私は民主主義の信奉者だ」と述べた上で、「制度を存続させるか否かは、チベットの人々が決めるべきだ」と語った。さらに、「ローマ法王が枢機卿らによって選ばれるような制度も可能だ」と話した。
 ダライ・ラマが後継者選びに民主主義を強調するのには、中国政府を牽制する意図もあるとみられる。
 ダライ・ラマは「数年前にインドの病院で前立腺がんが見つかった」とも明らかにした。「放射線治療をして完治した」と述べたが、健康面での状況も後継者選びの議論を始める背景にあるとみられる。(ダラムサラ=奈良部健)

ダライ・ラマ14世について (『朝日新聞』平成30年(2018)11月6日付け)
朝日220181112064513_00001
2018-11-06 : 新聞・書籍・TV :
Pagetop
ホーム

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク