宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

大嶺炭田の歴史(山陽無煙鉱業所の鳥瞰写真)

 大嶺炭田の歴史を現在と過去の写真で回顧する試みを本ブログでささやかながら続けています。現在も残っている炭鉱時代を偲ばせる遺跡、遺構、記念碑などを撮った写真やご門徒の方から提供していただいた昔の写真を、これまでも本ブログで紹介して来ました。最近、新たな資料を入手したので紹介します。
 その1つは下の写真です。かつて麦川地区で山陽無煙鉱業所が操業していた当時の会社の全景を鳥瞰するように撮影されています。いつごろ、だれが撮影したかは不明ですが、雄大なボタ山や坑口、坑木置き場、ホッパー、シックナーなどが見て取れます。撮影場所はかなりの高所から撮ったことがわかります。私の推測では、桃木から麦川まで山中に敷設された空中ケーブルで石炭を運送していた索道のあったあたりから撮ったものと思われます。この写真をお借りした山陽無煙鉱業所・管理事務所の宇都宮所長さんも写真の由来はよくわからないということでした。
 次に紹介する本も宇都宮さんから借用したもので、炭鉱写真集編集委員会の編集した『炭鉱ー戦後50年のあゆみー』という写真集です。平成7年に出版された本書は宇部市と美祢市の炭鉱の今と昔を写真で回顧したもので、今ではとても貴重な炭鉱関係の写真が多数収集されています。本書の出版元の宇部市と宇部市立図書館から掲載許可をいただいたので、これから折をみて本ブログで紹介しようと思います。今回はその中から1枚だけ載せました。
 下に載せた出所の異なる2枚の写真は同じ写真かと見まがうほどよく似ています。だが、撮影場所は同じような所かもしれませんが、撮影日時はかなり違うことが推察されます。それはボタ山の形状から一目瞭然です。上と下との写真ではボタ山が横に広がっている有り様がかなり異なっています。これから見て、上の写真より下の方がかなり後に撮られたものと思われます。
 
山陽無煙鉱業所・管理事務所より借用
山陽無煙

『炭鉱ー戦後50年のあゆみー』より
山陽全景

『炭鉱ー戦後50年のあゆみー』表紙
表紙
2014-04-30 : 麦川地区 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク