宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

ボタ山のメガソーラー工事

 今日の午後、寒風の吹きすさぶ悪天候の中、現在、ボタ山の山上で工事が進められているメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設現場の現地説明会に地域の皆さんといっしょに参加しました。このメガソーラーは昨年6月から前田建設工業(株)が山上に建設工事を始めたもので、今年の9月に設備が完成し、10月から稼働する予定だそうです。
 ボタ山は地中から石炭を採掘したときに発生する捨て石(=ボタ)を廃棄した場所が山になったもので、山陽無煙鉱業所が昭和45年(1970)に閉山するまで、長年にわたって捨てて来たボタが、周囲の山々を凌駕するほど巨大な真っ黒い山になって、聳え立っていました。本ブログにも昔のボタ山の写真を載せました。
 閉山してから炭鉱関係の施設は多くが取り壊されました。ボタ山だけは炭鉱の遺物として、そのまま残ると思っていましたが、ボタ山も年を経るごとに頂上から削り採られて行きました。というのは、ボタは燃える石炭成分を含有するため、他の燃料に混ぜれば使えるということで、市内のセメント工場などにボタが使用されたからです。そのため長年にわたってボタ山の頂上からボタを掘り出して、ダンプトラックで運び出されていたのですが、そのうちボタを補助燃料として使用しなくなったため、掘り出しは終わりました。それは今から10数年前のことでしょうか。削り取られた山上には広大な平地が残りました。本ブログでも、その山上の様子を紹介しました。
 平成23年(2011)の東日本大震災で福島の原発事故が発生して以来、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーによる発電事業が日本各地で起こされました。中でも国の固定価格買取制度を利用してソーラーパネルによる太陽光発電が全国的にもっとも盛んになりました。それに目を付けて、大手の企業が全国各地の広大な遊休地にメガソーラーを次々と建設しています。美祢市内にも廃業したゴルフ場跡地や遊園地(ニュジーランド村)跡地などにメガソーラーが出来るということです。かつて山陽無煙社宅があった白岩地区の広大な跡地には、オリックス(株)が昨年メガソーラーを完成したことは、本ブログで紹介しました。
 今から2年ほど前に、前田建設工業(株)がボタ山に太陽光発電所を建設するということで、地元説明会を開催しました。ボタ山に接している常森地区や筈畑地区は、これまでボタ山から真っ黒い雨水の流出やボタの崩落などの問題が発生しています。そのため、山上に発電所が建設された場合、そうした問題がまた起こらないかという懸念から、このたび現地説明会が開催された次第です。私も久しぶりにボタ山に上って見ましたが、以前の風景は一変していて、きれいに整地された広大な敷地にソーラーパネルを設置する基礎工事が着々と進んでいました。
 今日、現地を案内していただいた施工業者さんの話では、敷地面積は13ヘクタール(13万平米)あり、ソーラーパネルを3万枚余り設置して、発電出力は7MW(7メガワット)だそうです。数字だけを聞いてもピンときませんが、大規模の発電所であることは確かなようです。今秋完成したら、再度現地案内が予定されているそうですから、また見に行こうと思います。

ボタ山の工事現場での説明会
P1200788.jpg

パネルを使って施工業者さんの説明
P1200793.jpg

山上の貯水溜池を見る参加者
P1200816.jpg

以下の写真は工事現場を眺望
P1200806.jpg

P1200799.jpg

P1200800.jpg

P1200802.jpg
2017-01-20 : 麦川地区 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク