宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

この実、何の実?

 西音寺の鐘楼は本堂の背後にある山(裏山)のそばに建っています。平常は朝6時と夕方の6時に梵鐘を撞くのが、私か坊守の勤めになっています。今時分は朝も夕も明るいですから、周囲の様子もよく見えます。昨日、坊守が夕方の梵鐘を撞いたあとに言うには、鐘楼のそばに野いちごのような実(み)があちこち地面に落ちていて、食べてみると甘いよと教えてくれました。
 そこで、今日私が朝の梵鐘を撞着終わってから辺りを見ると、確かにオレンジ色のブツブツした実がたくさん落ちていました。食べるのは控えましたが、美味しそうな実です。落ちている実の上の方を見ると、大きな葉の茂った細い幹と枝のヤブが広がっていて、枝にポツポツと実がなっていました。何の実かわからないので調べてみました。
 自生しているいちごを総称して野いちごというのですが、品種は何かが知りたいところです。野いちごの品種には、ヘビいちご、クサいちご、モミジいちご、ナワシロいちごなどがあるということです。ネットに掲載されたいろんな野いちごの写真を見ても、どのいちごに相当するのか、よくわかりません。
 裏山には年に数回、とくに餌の少ない2月ごろ、熟れすぎて、枝から落ちそうな黄色のユズ(柚子)を狙って猿の集団が出没します。ユズを手当たり次第にもいで、食べ散らかすので辺り一面にユズの香りが漂います。しかし、野いちごが食べごろの今、猿が出て来ないところをみると、美味しそうな実がなっていることを、知らないのでしょう。
(追記)
 この記事の追記を7月6日「アガパンサスの開花」の中に書きました。
 
オレンジ色の実
P1220862.jpg

P1220854.jpg

P1220790.jpg

P1220774.jpg

左側が鐘楼で、右側の草木が茂っている中に実がなっている
P1220817.jpg
2017-06-26 : 西音寺 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク