FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

セアカツバメの巣

 麦川保育園の園舎にツバメが巣を作り始めて4年がたちました。この間の巣の数と形態の変化については、今月3日の本ブログでお知らせしました。その時、昨年始めてセアカツバメ(コシアカツバメ)が飛来し、いわゆる一般的なツバメの巣を乗っ取って自分たちの巣に変えてしまったこと、また今年、その巣をカラスが壊したのでスズメが棲みついて、ヒナを産んだことをお伝えしました。
 ところが、そのスズメの巣に異変が起きたのは今月6日の朝のことでした。昨日までスズメのヒナの鳴き声が聞こえていた巣がすっかり壊されて、地面にはスズメが持ち込んだ藁のようなものがあちこち散乱し、ヒナの姿も消えてしまいました。目撃したわけではないのですが、おそらくカラスがヒナを狙って、また襲って来たのでしょう。
 それから半月後、昨年のセアカツバメ、あるいはその子が数羽壊された巣の周りを飛び回っていたと、園児さんが言っていました。昨年の巣がそのまま残っていれば、今年もその巣で産卵するのだったのでしょうが、出来なくなってしまいました。今年の産卵は諦めたのかと思っていたところ、セアカツバメが以前の玄関口から少し離れた、別の園舎のホールの軒裏に新しい巣を作り始めたと園児さんが言い出しました。
 今度の巣は外側からはまったく隠れて見えない、カラスも簡単には近寄れないような場所です。物事をよく観察している園児さんは毎日、園庭で遊ぶので、ツバメの様子を尋ねるには最適です。巣作りは急ピッチで進んで、今朝見たところ、すでに完成してセアカツバメが出入りしています。これから産卵するのでしょうが、今度は安心して産卵、子育てが出来るでしょう。

セアカツバメが乗っ取って変形した巣(昨年6月15日撮影)
P1170760 1

カラスの襲来を受けて前部を壊された巣にスズメが棲みついていたころ(先月5月28日撮影)
P1220558.jpg

カラスの第2波の襲来を受けて、すっかり壊されたスズメ(元はツバメ)の巣(今月6日に撮影)
P1220867.jpg

スズメの巣が壊されて、中の物が地面に散乱している(今月6日に撮影)
P1220679.jpg

園舎ホールの軒裏に作られてセアカツバメの巣
IMG_2426.jpg

巣に入るセアカツバメ
IMG_2440.jpg

セアカツバメが巣から頭を覗かせている
IMG_2455.jpg
2017-06-27 : 麦川保育園 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク