FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

ツバメの巣のその後

 麦川保育園に作られたツバメの巣の様子について、先月3日の本ブログで、「今年も4月になると、ツバメが戻って来ました。そして第3の巣に卵を産んで、5月の始めにヒナが生まれました。ヒナが巣から頭を覗かせるようになったら、本ブログに載せようと思っていた矢先に天敵のカラスの襲来を受け、巣が壊され、ヒナは連れ去られてしまいました。」と書きました。その記事はスズメに乗っ取られた第1の巣のことが主で、壊された巣のその後について書いていなかったので、今回それを書きます。
 6月初旬に今年最初のヒナが誕生したにもかかわらず、カラスに巣を壊されて、ヒナも奪い取られました。初めての天敵の襲来にツバメも懲りて、保育園での産卵はあきらめたかなと思っていました。ところが、その後すぐにツバメは新たな場所を選んで、せっせと新しい巣を作り始めました。その場所はこれまでと同じ玄関口ですが、最も奥まった園舎の出入り口と保育室とが接する壁面の上部です。カラスが低空飛行でもしない限り、目に付かない場所です。ツバメの本能的な知恵とはいえ、とても賢い場所選定です。毎日保育室から聞こえる音楽や園児さんのかん高い声など、にぎやかな音声は、ツバメにとってうるさくないのでしょう。
 こうして新しい巣が出来て産卵し、6月下旬か7月の初めにはヒナが誕生したようでした。ヒナも大きくならないと巣から顔を覗かせないのですが、4羽が育っていることがわかりました。先日、4羽とも無事巣立って行ったので、今年の保育園での子育ては終わりました。保育園の別の園舎にはセアカツバメの新しい巣が出来たのですが、この巣は容易に見えない隠れた場所にあります。しかも巣の形状からツバメの様子はうかがい知ることが出来ませんが、ここでもおそらくヒナが誕生したことでしょう。

今も壊されたままの第3の巣
IMG_2548.jpg

大きく口を開けたツバメ
IMG_2570.jpg

今年作られた新しい巣(第4)
IMG_2469.jpg

巣の下に置かれたツバメのフン(糞)受け
IMG_2478.jpg

4羽のヒナが誕生
IMG_2497.jpg


夜間のツバメ、3羽が尻を外に向けている
IMG_2593.jpg

巣立ち直前のツバメ
IMG_2554.jpg
2017-07-16 : 麦川保育園 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク