宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

新聞記事『漫画の街並み 受刑者が描く』

 美祢市豊田前町はかつては無煙炭を採掘し、販売する山陽無煙鉱業所の炭鉱町として大変賑わった地域でした。だが、昭和45年(1970)の閉山以降は衰退の一途をたどりました。炭鉱で働く鉱員や職員などの住居、いわゆる社宅(豊浦社宅)があった約8万5千坪の広大な土地は更地になったままの遊休地でした。
 そこで、平成9年(1997)、地域振興整備公団によって工業団地「美祢テクノパーク」が造成されたが、進出する企業がなかったので、平成19年(2007年)4月、全国で最初の半官半民のPFI方式と呼ぶ刑務所「美祢社会復帰促進センター」が誘致され、今年で10年が経ちました。この刑務所は、その名称が示すように、罪の軽い初犯者だけを収容し、刑期を終えて出所にした後に一般社会で役立つようにいろんな職業訓練が実施されています。下に掲載した新聞記事にあるように、パソコン技能の習得もその一つです。
 記事に登場する漫画家の苑場凌(そのば・りょう)さんは、美祢市伊佐町の出身で、「美祢市ふるさと交流大使」の一人として漫画を通じて美祢市の魅力を発信しています。苑場さんの作品の一つに、幕末の戊辰戦争において長州藩士・楢崎頼三が飯森山で唯一生き残った白虎隊士・飯沼貞吉を美祢市東厚保町小杉に連れ帰って養育した顛末を描いた『あずさ弓の如くー飯沼貞吉物語ー』(上下2巻、スタジオ友善塾刊行)があります。

『朝日新聞』 平成29年11月26日付け記事
美祢市社会復帰
(上掲記事の本文を以下に転載)

 十数人が一心にパソコンのマウスやタブレット端末用のペンを動かしている。描いているのは街並みや建物、車など漫画で使われる背景画だ。ただ、この人たち、漫画家ではない。刑務所の受刑者たちだ。
 山口県美祢市にある官民協働の刑務所「美祢社会復帰促進センター」。10月中旬の午後、作業棟では明るい緑色の作業服を着た12人の受刑者が、パソコンやタブレット端末に向き合っていた。指導にあたる漫画家の苑場凌(そのば・りょう)さん(56)=本名・渋谷巧さん=がやって来た。受刑者の一人がすかさず手を挙げる。刑務官に「交談願います」と申し出ると帽子を取り、苑場さんに質問した。苑場さんは一つひとつに丁寧に答えた。
 刑務作業に背景画の描画が採り入れられたきっかけは、2014年の夏。美祢市出身の苑場さんは、知人の誘いで刑務作業を見学した。そこで、専用のソフトを使って観光用チラシを描く受刑者の姿を見た。
 「この人たちはどれくらい絵を描けるのだろう」と興味がわき、指導役を申し出た。執筆拠点を置く東京から月1回、通うようになった。15年春、作家の内田康夫さんの小説の漫画化が決まり、苑場さんが作画を任された。美祢市が舞台の一つになっている作品で、受刑者たちに背景を描いてもらうことを思いついた。
 センターも提案を受け入れた。最初は乗り気に見えなかった受刑者たちだが、自分たちが描いた絵が載った本を手にすると笑顔になったという。
 今年4月、苑場さんは受刑者たちが描いた背景画の販売サイト「漫画家本舗」(https://mangakahonpo.thebase.in/ )を立ち上げた。1作品につき300~500円台で販売している。いろんな所で使われれば、受刑者たちのやる気がさらに上がるのではと考えた。背景画は駅舎や日本家屋、東京スカイツリー、いろんな種類の車などさまざまで、数々の漫画で使われ始めている。
 苑場さんは、今も刑務作業の現場に戸惑うことがある。受刑者と話すには、そのつど刑務官の許可が必要。刑期を終えたりトラブルを起こしたりした人は、前触れもなくいなくなる。
 だが、大きなやりがいも感じている。「木目の描き方を教えてほしい」「時計は針を描かない方が使いやすいですよね?」。指導を受けるうちに、受刑者たちは積極的に質問し、背景画を使う人の身になって考えるようになってきた。
 詐欺罪で服役中の20代男性は、パソコン操作も絵を描くことも苦手だった。だが苑場さんの指導を受けて「できなかったことができるようになった」と喜ぶ。「この体験が、出所後にプラスになると思います」
 苑場さんは、指導する受刑者の名前も罪状も年齢も知らない。それでも、師弟関係に似た確かなつながりを感じる。作画を通じ、辛抱強く地道な作業をこつこつ続ける大切さや達成感を覚えてもらいたいと思っている。「この経験を生かし、やりたいことに一生懸命打ち込みながら真っ当に生きていってほしい」
 各地の刑務所では、独自の刑務作業がある。 広島刑務所(広島市)では、広島県警と広島東洋カープの協力を受けて、2014年からオリジナルのカープグッズを作っている。銀行通帳を入れるケースや、8回のリーグ優勝を記念して「V8」と刺繡をあしらったユニホーム型ポーチをミシンで仕上げるほか、刑務官の格好をした球団マスコット「カープ坊や」の缶バッジも製作。グッズに「PRISON」(=刑務所)と印字されているのが特徴だ。                   
 法務省成人矯正課によると、帯広刑務所(北海道帯広市)が地元産のカラマツを使った家具の製造▽水戸刑務所(茨城県ひたちなか市)が祭事で使う獅子頭の製造▽横浜刑務所(横浜市)がうどんや冷や麦など乾麺の製造▽沖縄刑務所(沖縄県南城市)がシーサーの置物作り-などをしている。  (浜田綾)
2017-11-26 : 新聞・書籍・TV :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク