FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

除夜の鐘

 大晦日の夜は、例年通りに11時45分ころから除夜の鐘を撞き始めました。前回のブログでお知らせしたように、闇夜にも関わらず、寺の真向かいに見える宇部サンド工業の大型看板の照明のおかげで、境内は懐中電灯なしで歩けました。でも、普段は点灯させない新しい山門のライトは今夜は点けました。
 鐘を撞いた後、そのまま自宅に帰える人も何人かいますが、多くの方が本堂に上がってお参りされます。午前0時を少し過ぎたころに、参拝者の皆さんと一緒に、新年最初の読経・『讃仏偈』をお勤めしました。他の寺では本堂でぜんざいやおでん、お酒などもふるまって接待する寺もあるようですが、我が寺ではコーヒーにお菓子とみかんで、ワイワイとおしゃべりをしました。そしてお参りされた方の集合写真を撮って、午前1時すぎにお開きにしました。
 ところで、昨日12月31日付け『朝日新聞』の「天声人語」に、除夜の鐘について次のようなことが書かれていました。静岡県牧之原市のある寺では、大晦日の正午につき始め、明るいうちにつき終える「除夕(じょせき)の鐘」を撞き始めて4年目になるそうです。なぜ夜中ではなく、昼間に撞くようになったのか、その理由は近隣住民から鐘の音が「うるさい」、「何時までつくんだ」という苦情の電話が続いたため、除夜の鐘を止めたそうです。それから十数年間は中止したままだったのを、後継住職が「除夜」ではなく、昼間に「除夕(じょせき)の鐘」を撞くようにして、好評だということです。
 近年は保育園の園児の声がうるさいといった苦情のため、園児を園庭で遊ばせられないとか、保育園の新設ができないといったニュースを見ることがあります。人それぞれですが、園児の声と同様に、鐘の音も騒音と感じる人がいるかと思うと残念です。少ない戸数ながらも住宅地域にある我が寺ではそんなことはまったく関係ありませんから、108の鐘の数にこだわらず、参拝者の皆さんに自由に撞いてもらいました。

P1250075.jpg

P1250109.jpg

P1250094.jpg

P1250087.jpg

P1250115.jpg

P1250122.jpg

P1250126.jpg
2017-12-31 : 西音寺 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク