FC2ブログ
宝林廟 西音寺 麦川保育園 麦川地域などの情報を写真で紹介

秋季彼岸会(宝林廟)

 今日は秋のお彼岸の中日でした。例年通り、午前中はまず8時から寺の境内地にある納骨堂で、『仏説阿弥陀経』の読経を勤めたあと、9時からの法要に合わせて車で宝林廟に上がりました。途中で歩きながら坂道を上っている人や、すでに車で上がって待っている人もおられました。参拝者の中には、片道1時間余りかかる周南市や下関市からの方もおられました。
 定刻に参拝者の皆さんと一緒に、『阿弥陀経』のお勤めをしました。なにしろ、先月16日のお盆の読経の時、失態を演じたので、今日は皆さんと同様にスツールに座って読経しました。毎回、お参りに自分用のお経本を持参されてお勤めされる方がおられるので、今回は寺からお経本を持参しました。今後は宝林廟にも何冊か備えておこうと思います。
 今日は曇り空でしたが、爽やかな天気で墓前での読経は心地良かったです。読経のあとは、各自お焼香をしてもらい、最後に参拝記念写真を撮りました。秋のお彼岸のころは、あちこちで真っ赤なヒガンバナ(彼岸花)が目に付きますが、宝林廟境内地には町内の方が植えた白色というよりクリーム色のヒガンバナやピンクのムクゲが咲いていました。
 午後1時からは、再び境内の納骨堂で読経して、午後1時半から本堂で彼岸法座を勤め、蘭哲昭師(長門市願生寺住職)の法話を聴聞しました。お彼岸には毎回、善女教会(西音寺・仏教婦人会)の方が作られた「おはぎ」を法座のあとに皆さんにお配りしますが、絶妙な小豆餡の味で美味しいと、いつも好評の「おはぎ」です。餡の作り手は毎度決まった方にお願いしているからと坊守が言っていました。お彼岸が終わると、秋たけなわの過ごしやすい良い季節がしばらく続きます。

修正P1270296

修正P1270292

修正P1270290

修正P1270280

クリーム色のヒガンバナ
修正P1270302

参道に咲くピンクのムクゲ(木槿)
修正P1270307
2018-09-23 : 宝林廟 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


浄土真宗本願寺派 西音寺 住職  
住所:山口県美祢市大嶺町奥分 2058
電話 0837-52-0415

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お知らせ

宗旨、宗派を問わず、どなたでも納骨できる宝林廟の納骨方法や納骨費用など、詳細は上記のメニューバーをご覧になるか、お電話(0837-52-0415)をください。パンフレットをご希望の方は下のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール アドレス:
件名:
本文:

リンク